2020年9月20日(日)

流鏑馬友達のK先輩と先輩のブリティッシュのクラブのお友達と、そのお友達の計4人で、紅葉台木曽馬牧場に行って来ました。


先輩のお友達の車に同乗させて頂いたので、公共交通機関を使わずに、牧場まで行くことが出来ました。シルバーウィークの2日目だった事もあり、途中少し混みましたが、予約時間の10:00の5分前にギリギリ到着出来ました車

天気予報通り、牧場は少し雨がパラついていましたが、空は明るいので、じきに止むでしょう、と思っていたら、お昼からは晴れました太陽

この日は流鏑馬1日コース。

午前中、和鎧で外乗をして、その様子をスタッフが見て、午後の流鏑馬コースを決める、と言うルールのようです。

午後の流鏑馬レッスンでは、初心者用の「くるくる流鏑馬」(速歩まで)、経験者用の「流鏑馬走路」(駈歩)があります。

この紅葉台は小田原のサドルバック牧場と連携していて、小田原の大会、検定会でもスタッフ、馬が出てくるので、スタッフも顔見知りの方が何人かいらっしゃいました。また、良く行く流鏑馬レッスンを受けている牧場とも馬が親戚関係にあり、馬を見ると、この子は小次郎のパパ、七重と顔が似てる、真名姫にそっくり、と言った顔ぶれでした。みんな可愛いキラキラピンクハートルンルン

さて、午前中の外乗は、私のお相手はミチノスケ君ピンクハート
中級クラスの馬ということでドキドキしますが、全然問題なく良い子でしたピンクハートラブラブ

タテガミの割れ方が、モンドールとそっくりで、妙な親近感を覚えましたウインク

みっちゃん(ミチノスケ)、

モンちゃん

ちょっと違うか爆笑

小雨の中、レインコートを着て、樹海のすぐ横をGO !
インストラクター、お友達、K先輩、kiri、お友達、の順でスタート馬馬馬馬

夏の終わり、秋の始めを感じる森の中やしの木途中、あけび、くるみ、桃の木等を眺めながら常歩、速歩で行きます。鹿が木の皮を剥いで食べた後や、イノシシ用の罠も見かけました。雨で富士山が見えずに残念でしたが、雨に濡れたみどりが美しく、森林浴を楽しみました。

雨で道が良くなかったので、駈歩は控えめに。それでも直線の道で何度か駈歩をして、木をマトに見立てて左手を手綱から外して弓に見立てて、木を狙い、横を通り過ぎる際に撃つつもりで狙いを定めました。

試合の時も和鎧ですが、短時間しか連続で乗らないので、足が当たって痛いということはなかったのですが、こんなに長時間、和鎧を履いていることはなかったので、今回は流石に痛くなるかなあ〜と思っていましたが、意外と痛くならずに済みました。

十和田とは乗り方が少々違うので、戸惑いましたが、何とか乗れたかしら。途中で左足だけ鎧から外れそうになり、焦りましたが、インストラクターさんから、

「みっちゃん、鞍が少し傾いているから直してください」

と言われて直したら、大丈夫になりましたガーベラ

ミチノスケはお腹がまん丸で、どんなに腹帯を締めても締めても、鞍が回るんだそうですw可愛いですねウインクピンクハート

「ミチノスケは道草が大好きなので、気をつけてください」とスタート時に注意されましたが、周りの草を見て、食べようとする素振りを見せた時に、ダメだよ、とちょっと言うだけで、道草はしなかったです。
とっても良い子でしたキラキラ実は乗る前に、洗い場から広場に引き馬で連れて行く時に、私より前にいそいそと行こうとしたので、何度か止まって「止まれ」をして止まったら褒める、を3回ほどしたせいかもしれません。最初に「ワガママはダメよ〜」伝えられたのが良かったのかなあウインク

ただ、ミチノスケはグルメのようで、途中2回の道草タイムでは、好きな草を求めて遠くまで行ってしまったり(とくに怒らず好きにさせました)、2回目の道草タイムでは、好きな草がなくて、1頭だけそそくさと帰ろうとしたり、とちょっと自由なみっちゃんでしたウインクピンクハートキラキラグリーンハーツ

むっちゃ可愛くて大人しくて大好きになりました。木曽馬独特の反動はありましたが、楽しい時間でしたピンクハートグリーンハーツキラキラ

牧場に戻って来て、馬装を解除してお水を上げて、みっちゃんとはバイバイバイバイ


コレはお水を飲む黒曜君とK先輩ラブラブルンルン
ごくごく飲んでいましたジュース

お昼を食べて、ちょっと牧場で遊んでから、午後は流鏑馬レッスンです馬いて座