2020年5月24日(日)

新宿、経王寺にて新型コロナウィルス疫病退散祈願をして参りました。

大乗山、経王寺。
開創400年にもなる由緒ある大黒様を祀る日蓮宗のお寺になります。

そして、第28代の住職である互井さんは、北里大学獣医学部卒という十和田にゆかりある住職さんなんです!

今日は、十和田にゆかりある仲間と新型コロナウイルス、疫病、退散祈願をここ経王寺で互井住職にお願いしようとやってきました!

流鏑馬大会がことごとく中止になってしまい、ずっと会えずにいる十和田の社長先生、岩手県遠野の親分、全国のスポーツ流鏑馬選手の皆さまへの愛を届けたくて、企画しました!


私のたどたどしいレポーターっぷりwは置いといて照れタラーまずは動画をお楽しみくださいピンクハートグリーンハートブルーハート


流鏑馬選手は3人。マト設営や、太鼓担当、記録係担当など裏方は八甲田自然塾の方々5名にご協力頂きました。

参加メンバー全員が都内在住者で、移動リスクは最小限、密にならないように少人数で行いました。

小規模とはいえ、自分たちで企画し、手配して、実行した事で、いつも大会を運営してくださっている皆様のご苦労を、少しですが肌で感じることができました。

そろそろ緊急事態宣言も解除の方向に動き出して出口が見え始めた気がしますが。。。これからも油断せず、感染防止に努めながら、少しずつ日常を取り戻していけたら良いなあと思います。

ご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました😊そしてこれを見た読者の皆さまも元気になってくれれば嬉しいですピンクハートキラキラ音符

(御本尊が映らないように、飛沫感染防止のフィールドを貼ったまま演武を行いました。)