はじめまして!マタニティ整体セラピストりえです | 鹿児島霧島市ママも安心妊婦・産後整体・ヒーリングリンパマッサージ・一般整体フェシャル

鹿児島霧島市ママも安心妊婦・産後整体・ヒーリングリンパマッサージ・一般整体フェシャル

妊婦整体や産後の骨盤矯正とアロマオイルによるヒーリングリンパマッサージとフェイシャルのおうちサロンです。一般社団法人変身ビュティ協会認定講師としてリンパドレナージュ担当
キラキラしたい女性を精いっぱい応援!


テーマ:

図師 利恵 プロフィール
もりの治療院 マタニティセラピスト

1966年鹿児島県知覧に生まれる。
先天性口唇口蓋裂でつらい思いをした時期も。

地元で歯科助手として働いていたときに出会ったのは
「まったくタイプではない」男性。
が、ある夜見た
”世界旅行を経験した頭の良い人と結婚する“
という夢に動かされ1996年結婚。

ほどなくして夫の勤めていた会社が倒産。
長年の夢であった治療家への道を進むため通学したいという夫に、
「家族のために我慢してほしくない」と背中を押す。

とはいうものの収入はないため夫の実家暮らし。
さらに二人の娘を妊娠、出産。

将来への不安や同居によるストレスなどもあり、
自律神経失調症やメニエール病、うつなど患う。

その苦しみを救ってくれたのが“エネルギー”を扱う病院であったこと、
そして夫の統合治療を見つめ続けたことが、現在の仕事とつながっている。

治療家の道を突き詰めていく夫を支えるべく、
幼稚園で通園バス運転手・給食室に長年勤務。

平成19年に夫が“もりの治療院”開業。

ちょうどこの頃から「いい嫁や~めた」と、
頑張ることをやめて姑に家事一切甘えることにしたところ、
実の親子のように関係が良好になる。
現在のシンプルで素直な“りえスタイル”誕生のときであるかもしれない。

夫経営の治療院では女性の患者さんが多いことから、
治療院に顔を出すこともたびたびあった。

あるとき幼稚園の仕事が夏休みで「暇だったから」、
本格的にリンパマッサージを学ぶ。

2007年もりの治療院専属のマタニティセラピストとなる。
夫と共に、一人一人の症状に合わせたフルオーダーメイドの施術法で、
これまでに1000人以上施術してきた。

”治す力を持っているのは自分自身です“と伝える。

自分の技術や考え方がお客様に合わないと思ったら
「ご自分に合ったところに行ってください」と
本心から言えるほど無理せず自然体で、
「一人一人のお客様が楽しく幸せになることを願っています」。

自らの体験を踏まえ、
育児や家族、人間関係で悩んでいるお母さまがたに
「頑張らなくても子どもは育つよ」と伝えていきたいという願いがある。

常に直観型で、ピンときたら即行動。
直観で始めた学びが理解できないと思ったら、夫にバトンタッチする、
ここも即行動である。


     (製作 プロフィールライター細田かおり)

図師 利恵(ずし りえ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります