6月27日(月)に気象台から関東甲信地方、東海地方、九州南部の梅雨明けが発表されましたね。

各地とも平年よりかなり早い梅雨明けで、梅雨の期間は史上最短を更新したとのことです。

その一方、ここ北海道では・・・

連日、梅雨のようなお天気が続いています。

この時期の長雨は「蝦夷梅雨」といって、オホーツク海高気圧の冷たく湿った空気の影響で起こり、梅雨とは全く別物なのです。

なのですが・・・

今夏はちょっと様相が異なるようなんです。

北海道の天気図を見ると、いやいや、横たわっているやん梅雨前線。

ドカッと昔からの定位置のように横たわっていますな。

これ、明らかに本物の梅雨っしょ。

気温が低めなので、湿度による不快感はないのですが(あ、個人の感想です)北海道の6月とは思えない憂鬱な空。

そのうち、本州での梅雨は過去のものとなり、北日本の気候となってしまうのでしょうか。

 

樹凛工房ホームページ http://kirinkoubou.com

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 富良野・美瑛情報へ
にほんブログ村