明日の自分は他人

明日の自分は他人

子連れ再婚で同居…。
5ヶ月の無職期間を経て夫がやっと再就職。
自宅は差し押さえられ中。

最初の結婚を糧にフリーで生きて行ける力をつけたい。


そんなブログです。

1週間ほど前から、週末は義弟と話をすると言われていた。
あの6月の義弟との初対談から4ヶ月は経とうとしている。
この間、夫の口座が差し押さえられなかったのは奇跡だ。
話というのは無論、不動産の兄弟間売買の話である。
いい加減に完結させろと腸が煮えくり返りそうだ。
ちなみにこの4ヶ月余り、夫が何度連絡しても義弟は連絡を返さなかったようだ。
なのに先週辺りにふとやって来て、義父に使ってない布団はないかと言ってきたらしい。
なんでも女の為にもらいに来たと言う。
生憎私がこの家に来た時に、何十年前からあるのか分からない汚い布団を全て捨てさせたので、義弟にあげられるような物はない。
40過ぎてバツ3で、何人子供が居るか知らないけど、女連れて布団貰いに来る神経はきっとイカれてる。
連絡に出なかった理由は、携帯を置いて出張に行っていたとか言うんだからやっぱイカれてる。


そして約束の日。
午後から出掛けるという夫。
なるべく早く帰って来るわと言い残して行った夫。
なんならちょっと義弟を顧客にして来るわと言って行った夫。

予想通り待てど暮らせど連絡なし。
ゴミである。
私の中では、連絡を寄越せない人間はゴミに値する。
何の為に人間に知能があるのか。
何の為に夫は携帯を持っているのか。
それを使えないなら人間ではない。
つまり夫は人間ではない。

最近のいざこざにおいて家事の一切は私が負担している為、夕飯は要るのか、それは何時なのか、息子のお風呂は何時なのか、それを知る必要がある。
仕事でもないのに家を出て好き勝手やられると殺意が湧く。
もっと言うと月15万しか持って来れないのに、自分の自由が時間を欲していることに殺意が湧く。
つまり私は、普通に家族が困らない程度の収入を得てくれていたら何も言わない。
そこが最低ラインだからだ。
それ以上なら言うことないが、それ以下なら言うことしかない。
ゴミが自由を欲してんじゃねーよ。

LINEをする。未読。
LINEをする。未読。
電話をかける。不通。
電話をかける。不通。
以下電話をかける×20。
やっと出る。
義弟から連絡があって、仕事に出ているからまだ帰れないと。
それなら分かった時点で連絡入れろやだし。
義弟を待っていると言うが、それは何時までですか?
そもそも義弟から連絡があったのは何時ですか?
その間何をしていたんですか?
絶対に携帯を持っていたと思いますけど、気付かないことありませんよね?
最終的に何時に帰宅する予定ですか?

100億%パチンコ屋にいたと思いますけど、アホみたいにブラブラする時間あるなら金稼いでこい。
実際ブラブラして、車でゲームしていたならそのガソリン代すら勿体ない。
金も稼いで来れない人間に遣うお金なんて1円足りともない。
不足なく家事してるだけありがたいと思え。


今回、不動産売買に加えて、仕事の話もしに行くと言っていた。
夫はもう解雇にリーチがかかっているのだ。
例え義弟やその彼女が夫の顧客になっても、恐らくそのバックは2万がいいとこだろう。
費用対効果が低すぎる。
そこに使う時間を副業もしくは転職の為の面接にでも充てろよ。
解雇になったら顧客など一切無意味だ。
つまりそこに使った時間も労力も全て無意味。
なぜなら実際に夫が契約を取ったのは、私と私の妹夫婦だけだからだ。
そもそもの繋がりがあるからだ。
辞めた後に仕事を紹介してくれるとかそういうオプションなんてない。
解雇前提で働いてるのに、ってかもしかしてノルマ達成していたら辞めないつもりだろうか。
そうなった場合月15万の生活が続くが、足りない生活費はどこからどうやって補填するのだろうか。
たった100万の審査にすら通らない夫が、今まで何やかんや遣り繰りして来た私に一切頭も下げない夫が。
当然消費者金融系もダメである。
夫が唯一持つ某消費者金融系の限度額は10万。
それも今月半分以上生活費に充てる為に借りている。
もっと言うとこのカードの返済も結婚してから半分以上支払った。
やっと終わったと思ったのに、また借入。


いつまで続くのこのイタチごっこ。
夫にはきっと勝算など何も無い。
なーんにも考えてない。
アホみたいな顔してボケーッとテレビ観てるだけ。
テレビ観て、動画観て、ゲームしてるだけでお金が入って来るなら、きっと夫は何億のプレーヤーになるだろう…
不出来な私には、夫を奮い立たせられるようなスキルはない。
もうそんな愛がない。
いやむしろ愛はある。
これだけの毒を吐くだけの愛が。
でもムリ。がんばれとか、あなたなら出来るとかそんな言葉出てこない。
だって私、そんな言葉なくても普通にがんばれるし。逆にそんなこと言われたら萎えるし。



私は夫がおバカさんだったから好きになった。
今はバカも大概にせぇよと思っている。