市販の型取り材をためしてみました。 | キリン工房のブログ

キリン工房のブログ

オーダーメイドシリコン記念手形
キリン工房のブログです。
型取り方法、イベント出展情報、その他創作活動や日々のことなどをアップしていきますので、応援よろしくお願いします!


テーマ:

100均店にスイーツデコ用のシリコン型取りキットが販売されていましたので、早速購入し、使ってみました。

 

まず2種を取り出し、良く混ぜます。思ったよりさらっとしていて、手にくっつきません。材料にくっつくかが少し心配です。ちなみに手袋着用との事です。

 

こんな感じです。キリン工房の形材に較べると感触は結構固めで、練る時に出るシワの戻り(馴染み?)も良くないですね。

 

比較できるように、ちょうど先日、自社のシリコン型材で取ってみたネジの型取りをしてみました。ネジ類は細かく鋭利な部分があり、精度の確認も簡単にできるので、シリコン材の性能を見るのにとても適しています!!

ネジに押し付ける感触としては、グッグッと何度も押し付けると、押し付けた反動で中に空間ができる感じでした。べっとり感は無く、サラッとした感じです。

 

30分程度で固まり、ネジを取り出しました。

思ったよりもろかったため、引き出そうをした時にポロポロと型取り材が取れてきたので、カッターで余分な箇所を切り取りました。

 

方の表面を覗くと、気泡や歪みや、滑らかさはないですね。

 

ついでに小指です。

型取り材10g5g×2)で、ネジ2個、小指先1個が取れました。

 

固まったシリコン型材に、成形用のシリコンを流し込みました。

透明なシリコンは通販で買った一般に入手できるもの。

黒い方は、キリン工房で使っているシリコンを黒で着色したもの。

シリコン型に、シリコンを流し込んでくっつかないかのテストも兼ねています。

剥離剤は使用していません。

 

市販のシリコンを流したものです。力で引き出します。

シリコン型に成形用シリコンは張り付かず、きれいに取り出せました。

 

 

六角穴付きボルトでした。

ネジ山もですが、外観もイビツになってしまいました。形状の再現性はあまり良くないようです。

 

スクリューネジです。

やはりネジ山など細かい箇所の再現は難しいですね。

キリン工房の型で取った物との比較。正確さは劣りますが、大まかなものであれば使えないこともないと思います。

 

 

こちらはスクリューネジ。イビツですがネジには見えます。

こちらは小指の先。この形状は取り出すのが簡単です。

 

大きさも大分違ってました。歪みもあり、指紋も再現は出来なかったようです。

 

 

感想:細かな物や、精度が必要なものには使えませんでしたが、

表面のつるつるした物、大まかな形状の物の型取りには良いと思います。固まるのも早いし、液状の型取り材より簡単です。

団子状にしておいて押し付けて使用する物に適します。量が少なく割高ですが、その分安く買えて気軽に使えると思います!封を切った場合は保管せず使い切りましょう!

 

キリン工房さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス