土曜は91人の読者様からクリックいただきました

ブログランキング現在5位ですビックリマーク

↑ブログランキングの紹介文で、

今後のトレード展開についてコメントしています

 

株を選ぶ際に、

気を付けていることに「ベータ値」というものがあります

 

株価指数に対する個別の株の感応度のことでして、

 

日経平均が1%上がって、同じように1%上がる株は、

ベータ値1です

日経平均が1%上がって2%上がる株は、

ベータ値2です

 

日経平均が1%上がって1%下がる株は、

ベータ値-1です

 

20週のベータ数とか100週のベータ数など

期間を変えればベータ値は変化しますし

 

過去の数字は、将来の株価変化を保証するものでも

ありません

(過去の数字でベータ値2だからといって、

将来も、日経平均の2倍の動きをするとは

限りません)

 

ですが、

ある程度リスク管理には繋がるので、

いつもチェックするようにはしてます

 

そして、

私のトレードは、

1か月後に日経平均に勝てる株を探してるので、

ベータ値2のように、

日経平均1%上昇したら、2%上昇する株というのは、

一応候補になります

 

ただし、

ベータ値2は、

日経平均が-1%下落したら、-2%下落する

いうことでもあります

 

これでは意味がありません

 

日経平均が+1%上昇したら、+2%上昇しても

 

日経平均が-1%下落したら、

少なくとも-2%未満(-1.5%)の下落で収まる株でないと

 

長い目で見て利益を出すことができません

 

そんな都合の良い株があるのかと言われると

1つの正解は「下げ過ぎの好業績株」だと思います

 

「下げ過ぎの好業績株」だから、

反発したら日経平均より上昇しやすい

「下げ過ぎの好業績」だから

下がっても日経平均より下がりにくい

 

といったところでしょうか

 

2つ目の正解は「下値をしっかり固めている好業績株

ですね

下がっても下値のサポートががあれば、

下がりにくいと思います

 

今週は相場の動きを見極めるために、

新しいトレードは控えるにしても

2月下旬からそういった株を逐次トレードします

 

 


魅力ある株を日々紹介するメルマガ

↑私が実際トレードしている株を日々紹介中

 

土曜は107人の読者様からクリックいただきました

ブログランキング現在5位ですビックリマーク

↑ブログランキングの紹介文で、

今後のトレード展開についてコメントしています