不調の原因を追求してみる | 切り絵・剪紙作家 杉谷知子のブログ

切り絵・剪紙作家 杉谷知子のブログ

大学卒業してからずっとライター&編集者をしてたのに、
なぜか50歳をすぎて初めて絵を描き、
切り絵と剪紙(中国切り絵)を始めて切り絵作家になってしまった、
杉谷知子(すぎたにともこ)のブログです♬

 
切り絵《福》
12月の切り絵教室用の図案を
ピンクの紙で切って色付けしてみました。
 
 
 
 
 
「赤いのは効く」の記事にも書いたように
不調が続くときには
好調のときにはやっていること
不調のときにやっていないことがあるかどうか、
それはなんなのか、
探ってみるのもいいかもしれません
 
 
秋からこのかた、
どうもなんとなくいけません。
体調もこころもやる気もなんかイマイチ。
原因をなんとなく追求してみたら、
ひとつ思い当たることがありました。
 
 
それは大好きな大好きな中国語小説、
それも大恋愛ものの古代武侠小説、
あるいは悲恋の神仙ファンタジー小説、
……を秋からまったく読んでいないこと。
こういう小説ってわたしの想像力(妄想力)を
ものすごく刺激してくれるんですよね。
これが不足していた!
 
 
最近読んでいるのはほとんど英文のミステリーで、
それも北欧ミステリーの英訳ものです。
その合間にときどき日本語の小説やミステリーを読んでるくらい。
 
 
なんとなくまったく中国語が読めなくなっていたんです。
久しぶりに中国語小説をみつくろって
少し読み始めてみました。
 
 
……………………
 
 
と書いてから数週間。
みごとにはまっております。
途中まで読んでいた北欧ミステリーもほっぽって
(これもすごくおもしろかったんだ)。
読んでおります、
中文古装ファンタジックラブストーリーやら
ドラマの原作ラブストーリーやら。
 
 
いやーやっぱりいいわあ、この世界。
わたしはどうやら
漢字オンリーで紡ぎ出される幻想ワールドが大好物なようです。
(漢字のみ、というところが重要みたい。
漢字だけの文章を見ると
目から入った表意文字の情報が
勝手に妄想を紡ぎ出してくれるようです)
 
 
そして絵のイメージも
ようやくするりと出てくるようになりました。
やっぱり効果があるみたいね。
 
 
自分のこころが自由になれる場所や環境って大事みたいです。
 

 

 

 

 

 

 

 

========これからのワークショップと展示の情報です!==========

◾️2020年2月18日(火)13時30分〜15時30分

@宝蓮華(ほうれんか)京王八王子駅すぐ

3800円(中国茶とお茶菓子つき)

 

 

◾️2020年2月29日(土)14時~16時

代官山come cafe and Osamu bar

料金:4000円(オサムさん特製スイーツ&ドリンクつき)

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ブログで紹介した作品は基本ご購入いただけます。

(これから開催予定の個展に出すものもあり、

まだお売りできないものや

すでに売れてしまったものもあります。ご了承ください)

 

また出張ワークショップなど

切り絵にまつわるお仕事、いろいろ、うけたまわっています。
 

ご興味・ご関心のある方は

tom-sugiあっとまーくta2.so-net.ne.jp

あっとまーくを@に換えてメールをください。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
フェイスブックやってます。できればメッセージをつけてリクエストください(∩.∩)

切り絵のファンページ、いいねしてね

Twitterもよろしく(ときどきだけど)

インスタグラムもやってます