No.62 作草部マコ

 

 

○短評

・条件次第で大きな固定追加ダメージを与える

・サポーターでないためサポーター無効化系と相性良

 

○詳細

Trickstar/AP320/HP291/cool

(スキル)☆アクティブ

一定時間、アクセスしたでんこの属性アクセスした駅の属性が同じであれば追加ダメージを与え、相手に100点の経験値も与える。(Lv7:100ダメージ/30分)

 

 トリックスターでダメージ増加の支援が可能なでんこの1人目。スキルは100(+30)という強烈な追加ダメージを与えるものであり、これは「固定値軽減」で減算する以外に軽減する手段は無い。トリックスターであるが故に、サポーターのスキルを無効化するでんことの相性は抜群。

 その性質上DEFアップ系スキルで固められた相手に対して非常に有効である…が、発動条件が意外と厳しいのが難点。属性がアクセスするでんこと合っていないといけないため、単純に駅の属性を知らないのであれば1/3(廃駅は無視する)しか発動しないことになる。

(なお、廃駅は属性:Unknownであり、Flat属性のほとんどすべてのスペシャルでんこはどうやってもマコの恩恵を受けることができない)

よってこのスキルの真価は「特定の駅(属性)に特化して使う」か、「手持ちを拡充する」かで発揮される。

 前者は自分が良くアクセスする駅の属性を覚えておき、それに合わせたアタッカーを育成するということになる。当然マコのスキルと相性が良いのはアタッカー(+ちとせ)となるため、属性に合ったアタッカーを優先的に育成するとよい。

 後者は表記通り、3属性のアタッカーをすべて育成するということになる。どの属性の駅にも対応できるが当然時間は3倍かかる。

 ただし問題は手持ちが揃ってしまうと、マコのスキルが無くても相手のサポーターさえ無効化できれば属性ダメージで倒せてしまうことが多いことが上げられる。勿論手札は多いに越したことはないし、レン対メイ+まぜのように非サポーターの火力アップで大きな違いがある組み合わせはあることはあるが。固定値であることで攻撃側のでんこのATKにあまり左右されないため、育成中のでんこで高Lvでんこを倒す際に役に立つというあまり目立たない利点もある。

 

 防御側の視点から見ると、このスキルの性質上「駅の属性の弱点になるでんこを置くと不利」ということになる。具体的に言うと「cool駅にらら」「eco駅にルナ」「heat駅にメイ」などをいう(特にheat駅にメイは、まぜスキルが発動していれば安全だったレン+ちとせが猛威を振るうため要注意)。ほとんどのATKアップ系スキルを無効化できていた防衛用ちとせもマコには効果を発揮しない。

 

 経験値付与の方は無視していいレベルのフレーバーである。おそらくシーナのカウンターより意味がない。

 なお、ミオに完全にダメージを肩代わりされたときでも必ず固定ダメージの部分は通る。ミオのHPが中途半端であれば貫通させて落とせるかもしれない。

 

○他でんことの比較

・あけひ:あけひはアタッカーでATKアップ。発動条件が異なる上にどちらも重ねられるため状況に応じて。

・ノーバ(スペシャル):トリックスターで火力アップは同様。ノーバがLv50だとダメージ増加量はマコの方が多いが、汎用性はこちらが圧勝する。当然重ねてもよいがオーバーキルになる可能性も。

 

○相性の良いでんこ

・アタッカー全般:基本的にアタッカーと一緒に使用するが、固定ダメージ系アタッカー(みなも、キンメダイナギサ、フレズヴェルグ)と一緒に使うのも面白い。特にナギサは自身の固定ダメージアップと連動しているため相性が良いと言える。

・ちとせ:一方的にサポーターを無効化しながらマコの追加ダメージだけは確実に通せる。対してエクストラ1弾はどうかというと、相手のミオを無効化しようとてすとを使用してしまうとマコが使用できなくなるためここはちとせが優位。

・ハル:基本的に何の支援も受けないハルにとって貴重なダメージアップ要員。

 

○相性の悪いでんこ

・てすと(エクストラ):マコのスキルを完全に無効化できるでんこのスキルはこれだけである。

 

○おすすめラッピング

ウィンターコーラス(固定ダメ+30)

チャイナ、怪盗(効果時間+10分)

 

○評価

★★★★★★(★)☆☆☆ 6(7)/10

※3属性アタッカーが揃っている場合は7点

貴重な非サポーターダメージアップ要員だが条件が厳しめ。使ってもオーバーキルしてしまうことも多い。