ブログご訪問ありがとうございます。

 

 

 

みなさんは新月の願い事、書かれていますか?

 

 

新月の願い事をすることで叶いやすくなる、

 

と言われるようになって

 

 

今、多くの人が実践していると思われます。

 

 

 

しかし、その願い事の書き方や、

方法を間違えている方が多く

 

 

 

その結果、

 

いまだにあまり叶っていない、

効果があまりみられない

という話もよく耳にします。

 

 

 

実際、正しく実践されて

実現をしている方のやり方を

今日はお伝えします。

 

 

 

 

 

 

1.願いごとを書く時期

この新月の願い事を

「種まき」と表現されることがあります。

 

それはその最適な時期に

願いという種を蒔く。ということでもあり

 

 

普通に種まきをする場合も、

季節や天気や時間帯に関係なく

種まきを行わないのと同じで

 

新月の願い事も

最適なときにしなければなりません。

 

 

実際、新月のときに

種をまくとよく育つ

という研究報告があったり、

 

 

山で木を切るときは、

新月のときのみ。

と、されている職業もあります。

 

 

また、潮の満ち引きや

月の満ち欠けが

私達人間の生命の誕生や死や生活に

大きく影響していることも周知のとおりです。

 

 

 

月の占星術いおいて

 

月は内なるもの=「私達の心や感情」

を表します。

 

 

 

新月のときには

これから月が満ちていくエネルギーが

働いているように

 

 

私達も、「よし、これからはじめるぞ!」

という気持ちに動かされますが

 

 

新月の直前、、、

要するにに月が欠けている時は

この28日周期で起きた
様々な事象の心労を抱えています。

 

自分のこれから具現化したい願いを

設定するとき、

 

 

 

この新月のタイミングを活用すると、

心や感情もやる気になっているので

自分に負担なくとりかかることができます。

 

 

つづく・・・・・。

 

新月の願い事を100%具現化するための方法vol.2へ

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたの本質や自信を引き出し、
揺るぎない信頼を得て、
ビジネスに着実な成果を出せる戦略を

構築するプロデュースをしています。
 

メールマガジン無料配信中
【影響力を持つリーダーシップの磨き方】
https://88auto.biz/gracemirrors/touroku/entryform2.htm