油脂がサラっサラになるドリーミング(その②) | お掃除でラッキーを呼ぼう。キープ・キレイ部!プロが語る効率アップの掃除術はカンタン・最速♪

テーマ:
これは絶対に「イメージ」ではなくって、
本当に文字通りの状態になるのです。
 
でも伝わりにくいと思うもおーなぜなら、かつて市販の洗剤に同じチカラのものはないから。
何回も何回も分けて説明しないと伝わらないと覚悟して、何度もブログるばい~もおー
 
でも、ショップページが完成したので、本日発売開始しました・・・
 

いまだかつてない!

ぜんぜん私、オーバーじゃないっす。

 

実は私がこれに納得いくまで1年かかったのです・・・・

(去年は匂いがダメだった。臭いすぎて、拒否感が・・・・)

しかし満を持して、無臭になり、バンバン使うほどにパワーの凄さがわかるようになりました。

この3か月ほど、「揚げ物」「油いため」「もつ鍋」などの

油脂物の調理の手が止まらない泣き顔ハート!!

 

鍋洗い・食器洗いが音譜超~ラクちんだもんで!きらきら音譜

(証拠画像は後日、だんだんブログる。)

 

「ウソやろ? 大げさやろ?」と思う方のために、お試しボトルを発売開始しました。↓

100ミリリットル(500円)である。

{D1F2C4A6-9E50-470F-914F-007591ABF196}

 

100mlだったら、わたしなら「10日で使っちゃう」けれどね。

 

だって、面白くてジャンジャンバリバリ 油モノ食器を洗いまくるから!!

勿体ないと思う方はスプレーボトルに水で希釈してもいいけれど、

とにかく「凄いばい!!」と叫びたい方は、1回の洗い物で10ミリリットル(匙1くらい)使ってくださいな。そのためのお試しサイズです。

 

◆お薦めの洗いかた◆

①たらいに「水」1リットル入れて、(お湯でなくていい)

10㎖ の「ナノドリーム01」を入れる。

 

②そこに油で汚れた食器を漬けて 

 

③スポンジでクルクル洗う

 

④流水で濯ぐだけ (泡立たないのですぐ取れる)

 

◆コツ①

「水」が味噌です! いや味噌じゃなくって、水ですが。とにかく水が多いことがポイント!お湯でも変わんないよ。

 

◆コツ②よくある間違い: 「原液」に近い「濃い洗剤ほどいい」だろうと思っちゃいけない!その概念をすっぱり捨ててください。

なぜならきら加水分散きらだから。

 

◆コツ③ いつでも100倍じゃないのです。

「油汚れ量が」としたら、「ナノドリームも入れて、(目分量でいい) それに対して「水が100必要なんです!!

不思議なんだけど、ここで「汚れ」に 「ナノドリームを振りかけても

「水が0」だったら→何も起きない!!ゲッソリ

 

ね?へんてこでしょ?

 

ある「油ギトギト洗い物系」の飲食店で、(グリーストラップ洗いが義務付けられていますが) 店長さんのエピソード。

「洗剤は濃いければ濃いほど汚れが落ちるやろうもん!」という思い込みを消せなかった店長は、

ギトギト汚れに この洗剤の原液を大盤振る舞いしたそうです。

しかし、惜しいかな・・・・水を全然かけなかったから

「油が分解しないじゃないか!!ぷんぷん」とお怒りに。

だめやわは?・・・だって、この使い方の秘訣は

「加分散」だもん。キーワードはこれ「加分散」(加水してこそ→分解)

 

面白いほど、たらいの中で油が消えてゆくマジックです!

ドリーミングです!

 

「実験」ブログはこちらです!

 

 

 

 

{1786F5AA-17A3-4CD9-9BEC-C71A276FD412}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

yu-yu@キレイコンシェルジュ(プロお掃除のキレイ堂)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります