昨日は須佐小学校に出雲市西部の学校の養護の先生達の勉強会でお話ししてきました。
学校の環境衛生検査、日常点検と定期検査について、どのように進めていけばいいのか、それぞれの学校の様子など情報交換をしながらの勉強会となりました。

また、学校薬剤師が行う定期検査も、実際に検査機器を使っての実習も行いました。

ブルーヒーターをつけた時のCO2と、エアコンだけの時のCO2の濃度の推移を比べると、やはりエアコンの方が断然いい!(当たり前だけど)
NO2だってブルーヒーターでは、基準を大幅に超えて機器も測定不能状態。

あー、どうにか「エアコン暖房」許してもらえないかなぁ。。。と、私の心の声

ただ、エアコン暖房にすると乾燥がひどくこれまた難点。

まだまだ、子供たちの教室環境を良くしていくには知恵が必要です。