現代医学では、主に鎮痛消炎剤や、解熱鎮痛剤を用いて痛みを緩和します。

漢方では、痛みの原因を環境因子からも判断して、温める、冷やす、湿気を取り除く、風邪(ふうじゃ)を散らしたりと異なった漢方薬が用いられます。


それぞれの痛みについて、
我が家の子供達の先生でもある武藤先生に講義してもらいました。

腰の痛みに関しても、炎症なのか、老化なのか?
栄養不足だって考えられる。

そうだよなぁ。とお客様の色々症例が浮かんできます。

月経痛の痛みに鎮痛剤を飲んでは胃を荒らしている女性には特に言いたい。
身体を温めるだけで月経痛が楽になることもあるんだよ。
まず、きらら薬局に来て、早めに相談してほしい。