皮膚病を漢方で

テーマ:
中医皮膚病を学び始めて8年になるんだなぁ。
中国の病棟に行った時、漢方処方にものすごく感動しました。
麦味参(生脈散)の使い方は目からウロコでした。そして、湿邪の存在、清熱の仕方、漢方外用法など今でも多くの経験をきらら薬局で活かしています。

皮膚は身体の内側を映す鏡。
そして、皮膚は身体の最大のバリア機能。
食事とスキンケア、正しい知識を持って養生できるようにサポートします。