人生残り時間を考えると | 「東京町田・札幌発」心の灯りと幸せを描くルーチェアーティスト ルーチェパステル(Lucepastel)

「東京町田・札幌発」心の灯りと幸せを描くルーチェアーティスト ルーチェパステル(Lucepastel)

東京町田、札幌で活動、空気感のあるふんわりとした絵を描くアーティスト。パステルアート作品・日常等を綴っています


テーマ:
自分に与えられた人生の残り時間ってあとどれくらいだろうか?

保険の見直ししたときに伺ったんですが
今、女性は平均85歳くらいまでは生きるらしい。

で、乱暴な計算ですが
自分の身体が思うように動くまでが、自分がやりたいことが出来るかなあと
ざっくり見積もって
もちろん 病気にならないってことが大前提で

あと
たぶん30年位かしら。(大汗)

残り時間のことを真剣に考えないと
だらだらと流れてしまうかなと思うこの頃。

童話の「モモ」ではないけど
ねことじゃれる時間を削ってまで、時間貯金をしようとは思わないけれど
惰性で、iPhone見たり、時間つぶし的なことはそろそろ控えないとなあと感じる。

時間の使い方考えてみる。

ギリギリ行動がきらいなので、ある程度のゆとりがないと不安になるタイプな私。

これは
子育て中の自分の経験があるから、ゆとりの大事さを感じるのかも。

主婦 母親は
24時間年中無休。
でも
ひとやすみしないと、時に壊れそうになる。

壊れてから、目をつぶって後回しにしたものを回復するのに
すごく時間がかかる。
(これはこれで意味があったとは思うけれど)


息抜きって大事なのよね。

私が見つけた自分時間の大事なものは
パステルアートでした。

出来上がりを気にしなくても
なんか、自分のココロのぶつけられるものだったりします。

色を画用紙に載せるだけでも
いいんですね。
癒されました。

こういうのが、自分なりにあると
心の切り替えができます。

残り時間、うまく使っていきたいです。