嬉しい報告(絵を描いていてよかったなと思う瞬間) | 「東京町田・札幌発」心の灯りと幸せを描くルーチェアーティスト ルーチェパステル(Lucepastel)

「東京町田・札幌発」心の灯りと幸せを描くルーチェアーティスト ルーチェパステル(Lucepastel)

東京町田、札幌で活動、空気感のあるふんわりとした絵を描くアーティスト。パステルアート作品・日常等を綴っています


テーマ:

研究会でのこと。


今、某保育園にワタシのパステル画を飾らせていただいております。

本日、そちらの園長先生と一緒になり、ちょうど今日の出来事だったのよーと教えていただいたことがありました。


ギャラリーに飾ってある絵を見て

まだ言葉が出ないお子さんが、絵の前に行き

一緒にいたママに指さしをし、片言でママに何かを伝えようとする姿を見たそうです。

その場から離れず、ちょうど目の高さにある絵の前にずっとつかまり立ちしていたそうです。

(絵にはさわれないように、小さな柵があります。ホントに近くで見てくれたのですね)


その話を聴いて、ワタシはとても嬉しくなりました。


園長先生が、保育園にギャラリーを創ろう。

子どもの身近に子どもの感性に響くものを置きたいと

願い、創ったいきさつを伺いました。


それは

園長先生のお嬢さんが小学生の時に描いた絵が、何かの賞をいただいたことがあったそうです。

そして、その絵を見に行った時に

ご自宅に飾ってあった東山魁夷さんの絵に描かれたモチーフのものを見たから

描いたのではないか?と思うような内容だったそうです。

その絵があったのは、お子さんが小さい頃だそうです。


幼くても、見ていることで、子どもの心のひだにふれたものが

いつかはわからないけれど、開いて自分の中に根付いていく。

そんな経験をご自身がされ、100人の子どもがいたら

その中で1人かもしれないけれど、子どものアンテナに残るものを

身近にあるようにしたい。と


それは絵に限らず、音楽でも身体を動かすことでも何でも良いのですと。

子どもの時代に、沢山の感性を刺激するものに出合わせたいの。と

話してくださったことに、嬉しく思いました。


全部の人に、ステキ。と言われなくてもいい。

誰かの心に残る仕事が出来たら

それだけで嬉しい。


そんな思いをまた胸に抱いています。


「東京町田・札幌発」親子で楽しむパステルアートサロン ルーチェパステル(Lucepastel)-image