夢にまでみたフィレンッェへ | 「東京町田・札幌発」心の灯りと幸せを描くルーチェアーティスト ルーチェパステル(Lucepastel)

「東京町田・札幌発」心の灯りと幸せを描くルーチェアーティスト ルーチェパステル(Lucepastel)

東京町田、札幌で活動、空気感のあるふんわりとした絵を描くアーティスト。パステルアート作品・日常等を綴っています

イタリア旅行そのものが「夢」であったように

フィレンツェのクーポラに登ることが現実になったというのは

「夢」をみているような瞬間でした。


ツアーはフィレンツェ市内ではなく、

近郊のプラトというところに宿泊。そこから

フィレンツェ市内を目指しました。


ところが朝から大雨。

昨日はアルプスが見えるほどのいい天気だったのに

なんで なんで

フィレンツェにいく日に雨なんだ・・。

半べその私。


ところが思いが神様に通じたのか

ミケランジェロ広場につく頃には

雨は上がっておりました。

(写真は すべてクリックすると大きな画像になります。クリックしてごらんになるのを

 オススメします)


夢色パステル倶楽部
雲はとれなかったけれど、朝の大雨からすれば上出来

神様に感謝しました。


右手に クーポラとジョットの鐘楼。

左にある橋がベッキオ橋です。

フィレンツェは街全体が世界遺産だそうです。


そして

いよいよ念願のサンタ・マリア・デル・フィオーレ(花の聖母マリア大聖堂)

(詳しくはこの記事からどうぞ)


夢色パステル倶楽部


夢色パステル倶楽部
こちらはお隣にあります、ジョットの鐘楼です。

どっちも大きすぎて

入り切りませんので、アップで撮ってみました。



クーポラに登るにはミラノの大聖堂と違い

階段463段を登ります。

これは覚悟はしていたものの、かなりきつかった。

歳をとってからもういちどここにこれるだろうか・・・

娘に背中を押してもらいながら、なんとかなんとか登り切りました。


夢色パステル倶楽部


夢色パステル倶楽部
夢にまでみた風景。



夢色パステル倶楽部
ジョットの鐘楼が見えます。向こうのてっぺんに登ることも

できます。こちらも410段くらい登るそうです。



夢色パステル倶楽部
かなりへばっております。


この後

ウフィッツイ美術館 に行きました。

美術館はもちろん撮影禁ですので

画像はなくて、ごめんなさい。

クリックしてみてください。(作品の数々がごらんになれます)


とにかく

名画揃い。入場に1時間待ちましたが

待って見て良かった。


フィレンツェは、もっとゆっくりじっくり訪れたい街でありました。