とにかく桁外れのローマ・バチカン | 「東京町田・札幌発」心の灯りと幸せを描くルーチェアーティスト ルーチェパステル(Lucepastel)

「東京町田・札幌発」心の灯りと幸せを描くルーチェアーティスト ルーチェパステル(Lucepastel)

東京町田、札幌で活動、空気感のあるふんわりとした絵を描くアーティスト。パステルアート作品・日常等を綴っています


テーマ:

不謹慎ですが

今回 自分の目的は美術館巡りとフィレンツェ市内にあったので

ローマはあんまりチェックしてなかったのでした。


しかし

さすがに世界の都。

サイズが違う。けたはずれの大きさに

しばしぼーぜん。


昨年暮れに二重橋の大きさに

さすが江戸城だ!日本の首都は違うと感動していた私は

このローマの偉大さに恥ずかしくなりました。


その中でも

バチカンにあります

サンピエトロ寺院は衝撃的でありました。

私の写真からでは この広大さは伝わないと思うけど

載せてみます。


夢色パステル倶楽部


夢色パステル倶楽部
バチカン サンピエトロ寺院は世界に開かれている場所なので

撮影OKです。

娘が「ここ・映画で見たことだ・・」と興奮していました。(私も見ればよかった)


なんと表現して良いのか・・・

今まで見た教会の中で一番大きい

(カトリックの総本山ですから、当たり前ですが)

フィレンツェのドゥオモにも驚いたけれど

その数倍はあります。


夢色パステル倶楽部
スイスの衛兵さんが守っておりました。


こちらは翌日におとずれましたが

バチカン博物館にあるシスティナ礼拝堂にあります

ミケランジェロ作

「最後の審判は圧巻でした。

礼拝堂内は撮影禁でした。

(この礼拝堂は現在もローマ法王を選出する際の

 コンクラーベで使用されているそうです)


カメラを構える姿を目撃すると

「NO!! take pictre」と激しいおしかりを受ける人が多々・・・。

なので このすごい絵画は
こちら から

ご覧ください。


ミケランジェロは、このシスティナ礼拝堂の天井画も描いており

とにかく 言葉でどう表現して良いのかと思うほど

大きくて迫力がありまして

しばし礼拝堂内に座り込み言葉もなく

眺め続けてしまいました。


この絵を見に来ることが

生きているうちにあるだろうか・・・

もしかしたら

もう生きているうちには、お目にかかれないのではないか・・・

そんな思いをはせながら


ミケランジェロは、この天上画を描いている間に

絵の具が目に入り失明したと聞きました。

まさに命がけであったと思われるこの

大作は人々が全世界から見に来るのも解ります。


古代ローマの象徴であった

コロッセオ


夢色パステル倶楽部

世界史をもう一度学んでみたい

そう 思わせるローマでありました。