DVD ベロニカは死ぬことにした | Re:ポップコーン買っとかなきゃ
2007年04月11日(水) 07時10分42秒

DVD ベロニカは死ぬことにした

テーマ:映画鑑賞

出演

真木よう子

イ・ワン

風吹ジュン

中嶋朋子

荻野目慶子

市村正親

片桐はいり
多岐川裕美

淡路恵子




パウロ・コエーリョのベストセラー小説を、脚本家の筒井ともみが舞台を日本に置き換えて製作・シナリオ化。俳優出身で『全身と小指』などここ数年監督作品多数の堀江慶が演出に当たった問題作。人生に嫌気が差して自殺を図ったトワ(真木よう子)は、奇妙なサナトリウムで目覚め、そこの院長(市村正規)から

あと7日間の命と宣告される。院内で周囲と拒絶するトワは、しかしそこで画家

志望で言葉を失った青年クロード(イ・ワン)と知り合う…。




最近私の一押し女優の真木よう子初主演作。これはみとかねば~と颯爽と借りてきた。

どんな内容かは一切存じ上げぬ中見始める。自殺を図り精神病院に送られるトワ(真木よう子)。

人里離れた建物内で隔離されます。

目を覚ますと ケタケタ笑う声が・・・・・看護士の片桐はいり登場!

あのね、目を覚まして片桐はいりがいたらだれでも びびるっつうの!

ところどころに 片桐ホラーが楽しめる映画・・・精神病患者をみては「狂ってるでしょう?」

話しかけてきます・・・・・・。こええ

荻野目慶子 もコンタクトひろいすぎだろ!そんなとこから また!みたいな

精神病患者で埋め尽くされた中での生活は私には無理だな~

すごいことになってます・・・・・とにかくやかましい



結構豪華キャストですね。市村正規2本目の映画は やはり存在感ありました。

病院の院長なんですけど。。軽いノリで登場したかと思えば トワの命にかかわる話をする

シーンは真剣そのもの・・・・・頭ボサボサ院長ナイスです!





風吹ジュン・中嶋朋子 は精神病患者。両方ともベテランだけど 全力で演じていたよかった。

中嶋さんはとくに重度の精神病患者ですから とくに気合の入った演技でした。



一度は死ぬ事をした女が 生きる事への思いを蘇らせていく話です。

メイキングなど含め全て目をとおしましたが・・・・

過激な濡場も演じ 難しい演技に挑戦した真木よう子さん。

水中シーンなど 大変そうでしたね


満足のいくセックス・・・死ぬ前にするとしたら・・・・

官能的ながら・・・うまいこと表現されてるんじゃないでしょか。

ただ 抱き合うだけがセックスとは限りませんから。

見事な脱ぎっぷりでした。


彼女の違う面をみたとともに、いままでにいないタイプなので

新鮮にみることができました。

ますます 今後の活躍に期待しました。





そんな真木さんと逐一ラブラブな男・・・・・


イ・ワンのばかーーー!


ばかー!


ばかー・・・・



おっと本音が・・・

子供のような無邪気な笑顔。とてもよかったイ・ワン。

撮影時も日本語勉強したりと偉い偉い。



作品としては 

独特な世界観(幽体離脱など)と雰囲気を持ち合わせた作品では

ないでしょうか。各役者さんも渾身の演技をされてます。展開は大きく転じる部分はありませんので

一定の雰囲気を最後まで楽しむ感じでないでしょうか

ですので 観終わって物足りないと思う人もいるかもしれません

ただ目的・テーマはラストではっきり描かれてますので 内容に疑問を持つ事はないかと

すっきりとした終わりですしね


真木よう子好きなら200%楽しめるDVDにはなってます

真木さん写真やダンスもお好きみたいです・・・むふふ

私は完璧に楽しめましたので 気持ちは5くらいですけどね!




あなたが 余命が今から7日間と宣告されたらどうしますか?

ボクだったらおいしいものを食べまくると思う そんで思い切り草原の真ん中で寝たいっす


記者会見の映像で 出演した淡路恵子がその質問に

「好きなドラゴンクエストをする。1巻から8巻まであるからね」

恥ずかしげもなくどうどうとおっしゃってました。会場は爆笑でした

ドラクエのナンバリングを 巻物風に表現する人始めてみましたよ(・∀・)





■□■□■□■関連商品□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□




復刻版TVアニメ・サウンドトラック「ドラゴンクエスト-組曲ドラゴン伝説-」/徳永英明.古谷 徹.勝生真沙子.KABUKI-ROCKS
¥3,150
Amazon.co.jp


「ベロニカは死ぬことにした」オリジナル・サウンドトラック/サントラ
¥2,905
Amazon.co.jp


HARさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス