「淋しいから会いたい」と「好きだから会いたい」は、似てるようで違います。

 

淋しいから会いたいというのは、とても利己的なもので、

「満たされない心を相手に埋めてもらいたい」という心理が働いています。

 

暇を持て余している人に多い傾向があります。

また、自己愛が強い人にも多く見られます。

 

 

彼が忙しい時や都合の悪い時に“待てるのか?”

 

 

本当に好きで会いたいのなら相手の状況を考えて、自分の淋しさは自分で埋めることができるものなのです。

 

もっと言うと、心の隙間は自分でしか埋められないものなのです。

 

淋しいから会いたいという人に限って、「浮気してるのではないか?」「メールの返信くらい出来るでしょ?」「時間を作ってくれない相手が悪い」というような思考になります。

 

 

淋しいから浮気するというのも、本当に相手が好きで大事だったら、相手を悲しませるようなことはしないものなのです。どこかに、浮気をしても私は悪くないという自分を正当化した気持ち、心の隙間を埋めてくれる人の方が手っ取り早く必要という思考があるのだと思います。

 

 

良い恋愛をしたいという気持ちは大事です。

本当に自分にとって良い恋愛をしたいという気持ちは、自分自身を大事にすることに繋がるのです。

 

無理しない、我慢しないというのが良い恋愛ではありません。

 

良い恋愛とは、好きな人の存在によって、精神的な自立をし、成長し、よいパートナーシップを育むことができることをいうのだと思います。

 

淋しさと向き合うことから、初めてみて欲しいです。

 

 

LINE@友だち募集中!

友だち追加であなたの「香りのお守り」鑑定!

個人鑑定のお申込もこちらから♡

http://nav.cx/e6P7NYC