「あまおう」ならぬ「おまうあ」 香港で売られる偽の「日本産」果物 | 「ひらめき」を「きらめき」に

「ひらめき」を「きらめき」に

北海道札幌市の国際特許事務所長の金丸清隆が、特許(発明)、実用新案(考案)、意匠(デザイン)、商標(ネーミング・ロゴマーク・キャラクター)、外国出願、著作権などの小ネタを紹介します。

https://mainichi.jp/articles/20190716/mog/00m/030/005000c
(毎日新聞 2019年7月16日付記事より)


香港では、山梨産の大ぶりのモモが2個で159香港ドル(約2200円)、青森産の王林が2個で70香港ドル(約940円)とのことで、さすが日本産の果物です。


そんな中、香港でも、「千疋」ブランドの中国産メロンや、福岡県八女市の農協「JAふくおか八女」ならぬ「JAかおふく八女」の中国産イチゴ「おまうあ」などが平然と販売されています。


でも、日本産のイチゴと交配させてできたイチゴを「自国産」として積極的に販売をしているお隣の国と比べると、つい、まだマシな気がしてしまうのは、私だけでしょうか。


きらめき国際特許事務所

 

特許|実用新案意匠|商標
外国出願|著作権|ノウハウ
地理的表示|ブランディング
開発|無料相談|契約

http://kirameki-ip.com/
https://www.facebook.com/kiramekiIP


『ひらめき』を『きらめき』に

 

http://ameblo.jp/kirameki-ip