「ひらめき」を「きらめき」に

「ひらめき」を「きらめき」に

北海道札幌市の国際特許事務所長の金丸清隆が、特許(発明)、実用新案(考案)、意匠(デザイン)、商標(ネーミング・ロゴマーク・キャラクター)、外国出願、著作権などの小ネタを紹介します。

毎週水曜日と土曜日の20:00に配信していきたいと思います。


「ひらめきひらめき電球」を「きらめきキラキラ」にできる、なにかしらのヒントになれば幸いです。


また、弊所のホームページもご覧頂けると嬉しいです。


http://kirameki-ip.com/


どうぞよろしくお願いします。

https://getnews.jp/archives/3306506
(ガジェット通信 2022年7月5日付記事より)


最初、SOCCERKINGのこの記事を見て、無知な私は、「『カレーは飲み物』って、ベガルタ仙台さんが発祥だったんだ。」と思いました。

https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/00000000/1664243.html?cx_top=newarrival


しかし、実際には、「カレーは飲み物。」と「。」が付くのが本家でして、「株式会社そ組」さんと「株式会社のみもの。(旧:日本カレーライフ協会株式会社)」さんが運営しており、商標登録も受けています。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2014-056889/ECB903270A120D830FFA22C17BDF7F3539789B2A13DE70390C4644BB266817B8/40/ja

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2017-048595/27E0E7AB285514C34EC7E4DEB734BC5DB5D6FBD4AEC45D58C35F36ABBC0F33FB/40/ja


また、「カレーは飲み物。」の語源は、故、「ウガンダ・トラ」さんの「カレーライスは飲み物です。」とのこと。


では、何故、ベガルタ仙台さんが「カレーは飲み物」を商標登録出願したのでしょう?

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2022-073021/DC3CD8C023ED95663EE4771AA92E78EE1B746F24A66ACAC924F114B62E4EA95E/40/ja


球団のWebサイトで釈明がされていますが、正直、??です。

https://www.vegalta.co.jp/news-club/2022/07/post-457.html


しかも、こんなことをしたからでしょうか、あの悪名高い企業さんまでもが「参戦」しました。いつもの通り、出願手数料を支払わずにです。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2022-077500/AC7B5A7FEA56C4807509B1237527FEDE415C537117369AC10E31961176EFA509/40/ja

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2022-078023/368663CF1457AB881E88ABA71AD2F626537BEE8231A1E1FA38EF3E79097EF446/40/ja


でも、ベガルタ仙台の出願商標も、もちろんあの企業さんの出願商標も、商標登録を受けられることはないでしょう。


老婆心ながら、ベガルタ仙台さんは、カッコ悪い内容の拒絶理由通知書を発せられる前に、出願を取り下げた方が良いと思います。


ところで、この件で学んだことがあります。「カレーは飲み物」の称呼(呼び方)って、「カレー『ハ』ノミモノ」だと思っていましたが、「カレー『ワ』ノミモノ」なんですね。


確かに、称呼だからそうなるのですね。


今さらって怒られそうですが、とてもいい気分です。


きらめき国際特許事務所

特許|実用新案|意匠|商標
外国出願|著作権|ノウハウ
地理的表示|ブランディング
開発|無料相談|契約

http://kirameki-ip.com/ 
https://www.facebook.com/kiramekiIP


『ひらめき』を『きらめき』に

http://ameblo.jp/kirameki-ip