楽しみながらひらがな遊び | 発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉:ABAで自閉っ子と楽しく生活

発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉:ABAで自閉っ子と楽しく生活

ABA(応用行動分析)はすべての子育てに有効です。3歳のとき自閉症と診断を受けたことばの遅れがあった息子はABA早期療育により大きく成長。 日常生活での楽しいかかわり方(機会利用ABA)紹介。親子で場面緘黙(かんもく)経験あり。私は克服。息子は克服中です♪

これ、いいですね。

汽車ポッポデザインで楽しみながらひらがなと接することができますね。





くもん、いいものつくるなあ。

マッチングしながら、ひらがなの声がけもできますね。




 

スモールステップで進めるのがいいので、

ひらがなのチップは、最初は2つから同じものを選ぶ

それも間違える場合は、まず、ひとつ渡して、

「あ」と「あ」同じだね

で、はめてもらう。

自閉症のお子さんの場合は、

「ありの「あ」」

と何度も言葉を入れてしまうと

「あ」だけを見て「あり」と言ってしまうこともあるので、そこは注意。


指を指しながら「あ・り」だね。「あり」と「あり」一緒だね。

という感じで。


段々と慣れてきたら、

机にわざと、5個のひらがなチップを離して置いて、

目を動かす追視力をつけることも。

こんな感じで離して置く。





「あ」はどこかな~

という感じで



お風呂にひらがな表も貼ったりしたな。

あ、あ、あ、あ、あいうえお♪

か、か、か、か、かきくけこ♪

のようにリズムよく




では、口角上げていきましょう(^^









自閉症児育児ランキング




リブログ・シェアご自由にどうぞドキドキ


■■

はじめての方へ こちらをお読みください

ABA(応用行動分析)とは?→★

無料メール講座2000名以上の方登録中
『発達障害の子と楽しく生活する7つのコツ』
「心が軽くなりました!親子の笑顔が増えました!何度も読み返しています!」と好評配信中。イベント・電話コンサルなど先行予約もこちらから行います

11月9日北海道・苫小牧講演
詳細は後日

メッセ・お問い合わせはこちら



 講談社 増版15刷15万部突破!
台湾で翻訳本出版、世界へ第一歩
ABAはすべての子育てに有効!4コママンガの画像はこちら(→★