発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉:ABAで自閉っ子と楽しく生活

発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉:ABAで自閉っ子と楽しく生活

ABA(応用行動分析)はすべての子育てに有効です。3歳のとき自閉症と診断を受けたことばの遅れがあった息子はABA早期療育により大きく成長。 日常生活での楽しいかかわり方(機会利用ABA)紹介。親子で場面緘黙(かんもく)経験あり。私は克服。息子は克服中です♪


ようこそ 『発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ』の著者shizuです。

講談社15万部 15刷増刷

電子書籍化もスタートしました!

台湾でも翻訳され出版スタートしました!→★

 


【無料メルマガ】

『発達障害の子と楽しく生活する7つのコツ』

2100名以上ご登録

「心がスーッと軽くなりました!!何度も読み返しています!」と好評配信中。


はじめての方へ shizu凸凹人生自己紹介をご覧ください。








台風の災害に合われた方々、大変だと思いますが、

早く元の生活に戻れることをお祈りしております。


はじめての方へ shizuの凸凹人生自己紹介



我が家の目の前の川は、溢れましたが、対策をしていたこともあり、2回目の床上浸水にはなりませんでした。

床上浸水の過去記事を読み返していたら、

自分の記事に勇気づけられちゃったよ!
 
笑い泣き
貼り付けておきます。
まさかの床上浸水体験記事その1

体験記事その2 視点を変えると+に転じることも

うちの頑固パパさんに変化が!奇跡!

床上浸水で、NHKあさイチに出演しました!

ただ、受け止めることしかできないときがある。でも・・




今回の災難は他人事ではなく、心がとても痛くなりました。

浸水の後の処理の大変さは少しではありますが、経験済みだったからです。


かわいそう・・・

その気持ちにどっぷり同調し、TVの報道をさらに見て、

ああ・・切ない・・・どうするんだ・・

生活は・・・(ToT)/

気づくと、もうマイナスのことばかり浮かんできてしまっていました。

(´゚д゚`)   

ま、まずい・・・


この感情・・・

ああ・・・

私は、かわいそうな人を勝手に作り出している・・・

また、やってるわ・・・


過去、よくやっていました。

近所のおじいちゃん、おばあちゃんがやっていたパンやさんの前を通ると、

「このお店、やっていけるのかしら・・

おじいちゃん、おばあちゃんの生活は?

大丈夫?

心配だ・・」

よく、こんな感情を持って苦しくなっていました。


実際には、アパートとか持っていたり、子どもが金持ちだったり、

株持っていたり、裕福だったかもしれない。

裕福でなかったとしても、なんとかなるお金はあったのだと思う。


それなのに、私は勝手に心配して、かわいそうな人を作っていた。


万が一、お金に余裕はなかったとしても、

おじいちゃん、おばあちゃんのパンは、おいしくて、

とてもやさしく、うちの子どもたちが小さいころは、よく

おまけまでしてくれて、

時には、お財布を忘れて、後で、払いに来ます!

とパンを買っていったという、楽しい思い出があった。

子どもたちも、気に入っていた。

いい思い出がある。

そうだ、おじいちゃん、おばあちゃんは、きっと幸せだったし、

今も幸せだ。



勝手に可哀そうなひとを作り出すのはやめよう。

そのとき、心に決めた。

それからは、大変なお話を聞いても引きずられなくなった。

基本的に、その人は大丈夫と信じることができるようになったから、

私があれこれ、心配するのは、余計なお世話。

私は、自分を大切にすること、今できることをすること。

一緒に引きずられて落ち込んでいたら、助けるものも助けられない!

そう、

境界線を引けるようになった。


今は、おじいちゃん、おばあちゃんのパン屋は、道の拡張工事のために、

なくなってしまった。

でも、きっと幸せに暮らしていると思う。


今回の台風の被害で、本当に大変な思いをしている人がたくさんいると思う。

でも、命があることの幸せ、あたりまえの小さな幸せをかみしめ、少しづつ前に進んでいける。

そう信じたいと思う。

私は、床上浸水にあったとき、1階のマンションの人たちと、妙な団結力というか、仲間意識が生まれ、

人とのつながりっていいな・・と感じたこともあった。

基本、近所づきあいしないタイプなんですけどね。(人見知りなので)



マイナスのことで一杯一杯である時期もあるだろう。

でも、必ず抜け出せる。

また、笑える日がくる。

あたりまえの小さな幸せをみつけてみよう。

あたりまえの小さなことを自分ほめしてみよう。



日本に住んでいる・・ということでも、幸せなことだと思う。

さっき、夜、近所の川沿いに2週間ぶりに1キロほど走ってきました。

夜中に女の子が一人で歩いても平気な国って、そうそうないよね。

ありがたいことだ。

少なくとも、日本にいれば、生活保護を受けていざとなったら、

生活することもできる。

餓死することはそうそうない。

私たちだって、いつ家事で家全焼になるかもわからない。

ゼロからのスタートになる日が来るかもしれない。

でも、なんとかなる。

きっと、生きられる。

また楽しく生きることもできる。



私は、ここ2週間ほど、低迷していました。

風邪ー絶不調ー回復したと思ったら、腰痛で走れず。

横になることが多かった。

12月すぐに大会でるのに、走れるのかよー

台風の被害のすごさにも圧倒され、マイナス思考、どっぷりつかっていて、

うわー・・どうしよう・・・このまま抜け出せないかも・・

元気になれないかも・・・



北海道で講演あるのに、このテンションじゃ、やばいよね・・・

( ;∀;)

私、抜け出せるの?大丈夫?

となんとも、もやもやした気持ちでいましたが、

自分に質問して気づくことができました。


どうして、抜け出せないんだろう・・・

過去も、同じ気持ちになったことあったよね。

その時、どうしていたっけ?



また、思い出すことができました。


かわいそうな人を勝手に作り出さない。

これ、子育てでも当てはまります。

うちの子、かわいそう。。。

勝手にかわいそうな子にしないでねー


(過去、私、やっていました。滝汗)



今回、あまりテレビで台風の支援金募金の放送しないですね。

生協とか、レジで寄付金受け付けているらしいので、新しい生活を応援するエネルギーを送ろうと思います。

↓国で立ち上げてくれたら、いいのにな・・・とも思うんですけどね。



500億の新幹線、被害。。。

いっそのこと、車両のどこかに名前を入れるので、一口50万とかで支援金集めちゃうっていうのはどうなの?喜んで出す人、鉄道ファンたくさんいるんじゃないの?

公園のベンチに名前を入れる代わりに寄付を・・って話もあったよね。

とにかく、

勝手にかわいそうな人を作り出さない

ことを思い出せてよかった。



2週間ぶりに走ったら、爽快で爽快で照れ

明日から、楽しく走れそうだわ。

2週間低迷していたことも、意味があった。

家族は優しくしてくれたし、パパさん、家事色々手伝ってくれたし。

なんか、ゆっくりしたかったみたいだ。

いつもいつも、元気じゃなくても大丈夫!

では、口角上げていきましょう(^^



うんうん。と思ったら、リブログ・シェアご自由にどうぞドキドキ



 講談社 増版15刷15万部突破!
台湾で翻訳本出版、世界へ第一歩
ABAはすべての子育てに有効!4コママンガの画像はこちら(→★






PHP研究所から2冊目出版 
感謝 6回目の重版出来!!
「言葉がけひとつで行動が変わる!子どもの叱り方・伝え方」
アマゾン、書店販売なし、本の内容詳細、ご購入はこちらから
→PHP発送の送料が値上げになったので、後日、送料安くして私の方で発送できるようにしたいと思います。しばらくお待ちを

生協通販ちらしからも購入可・中古はアマゾンにもあります。
「そこらへんの育児書より、絶対いいです!」という嬉しいお声も(≧▽≦)






■■


ABA(応用行動分析)とは?→★

無料メルマガ2100名以上の方登録中
『発達障害の子と楽しく生活する7つのコツ』
「心がスーッと軽くなりました!!何度も読み返しています!」と好評配信中。

11月9日北海道・苫小牧講演
1月25日東京・中野で講演イベント(講師5名)
詳細は後日(先行予約は無料メルマガより)


メッセ・お問い合わせはこちら