能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」⑳能登ワイン工場見学 | ☆おしゃれを楽しむブログ☆
2010-01-28 23:15:03

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」⑳能登ワイン工場見学

テーマ:まいもんグルメブロガーツアー

能登 穴水 まいもんグルメブロガー 牡蠣おしゃれメミです。


いよいよ終盤に入りましたが、もうしばらくお付き合い下さいねaya


①~⑲の記事リンクは末尾へ移動しています♪


さて、中華料理の牡蠣と大サービスを堪能した満腹の身体 で移動した先は・・・車



能登ワイン工場


丘の上にあるので雪が一面を覆っています雪


☆おしゃれを楽しむブログ☆

☆おしゃれを楽しむブログ☆


☆おしゃれを楽しむブログ☆


1Fのギャラリーで能登ワイン株式会社  常務取締役 営業部長 新田さんが迎えて下さり、面白いお話で盛り上げながら能登ワインの説明を赤ワインワイングラス


☆おしゃれを楽しむブログ☆


1Fギャラリーにはたくさんのワインとお土産が並んでいます。

☆おしゃれを楽しむブログ☆

☆おしゃれを楽しむブログ☆

そして、地下のワイン工場へ階段


☆おしゃれを楽しむブログ☆


こちらでは、牡蠣まみれの前夜に差入れのワインを持って駆け付けて下さった


製造・営業主任の丸山さんがワイン作りの工程 を詳しくご説明メモ


************

能登ワインは、ワイン専用葡萄品種を能登の風土と気候を生かして広大な畑で栽培ぶどう


その葡萄の収穫後、除梗破砕機(じょこうはさいき)にかけて房から梗(果粒のついている枝)を取り除き押しつぶし。


ワイン搾汁と発酵をする機械にかける。

↓↓↓
☆おしゃれを楽しむブログ☆


白ワインは潰した葡萄を圧搾機で搾り、果汁だけをタンクに入れ発酵ワイングラス


赤ワインは潰した葡萄をそのままタンクに入れ、発酵の途中で圧搾し皮と種を取り除きます赤ワイン


ワイン澱搾りの機械にかける。

↓↓↓
☆おしゃれを楽しむブログ☆


余分な香りと味がつかないよう発酵によってワイン内に発生した澱を澱搾り機にかけ取り除きます。


ワインワインを熟成させる大きなタンク

↓↓↓
☆おしゃれを楽しむブログ☆


発酵の終わったワインは、このタンクまたは樽に入れて熟成。


この熟成によってワインの香りと味わいが深くなるそうです。


その後、精密フィルターを通してワイン内に残っている酵母を取り除く濾過。


さらに瓶詰の直前に衛生フィルターを通して雑菌を取り除いてから生詰めします。


能登ワインは、加熱殺菌を行っていない本格的な生ワインなんですビックリマーク


ぶどう本来の香りと味を大切にしているため、熱処理はしないとか。


ワインワインのラベルを貼る機械

↓↓↓

☆おしゃれを楽しむブログ☆
☆おしゃれを楽しむブログ☆

************


そして、こちらが広大なワイン畑。

↓↓↓

☆おしゃれを楽しむブログ☆


真冬は白銀の世界で畑だとは全くわかりませんね雪の結晶


本来はこんな感じです。

↓↓↓
☆おしゃれを楽しむブログ☆

(この画像はHP より拝借)

能登の土壌は酸性が強い赤土で、葡萄栽培には不向き。


その土壌改良に使われているのが、ナント牡蠣貝叫び


穴水湾で採れる牡蠣の廃棄される貝殻を利用しているんです牡蠣


海のミネラルたっぷりの牡蠣貝が、美味しい葡萄を育てるとは素晴らしい合格


************


さぁ、たくさんお勉強したところで・・・


こちら でも中継した通り、待ちに待った試飲タ~イム時計


☆おしゃれを楽しむブログ☆

試飲中は夢中で全種類制覇しており・・・写真がありませんガックリ


試飲後、ワタクシは赤と白を一本ずつ購入チョキ


2008樽熟成「心の雫」

☆おしゃれを楽しむブログ☆


2008年産シャルドネ

☆おしゃれを楽しむブログ☆


また、試飲が始まった頃に駆けつけて下さったのがこちらのお二人

↓↓↓

☆おしゃれを楽しむブログ☆
(この画像はみさきのゑ さんから拝借)


株式会社高田  統括責任者 村山 智一 さん(向かって左)、環境改善部門 美間 伸彦さん(右)


株式会社高田 は、土木工事の施工や耕種農業(ワイン加工用ぶどう他の栽培、管理、販売、企画、営業)の会社。


加えて、村山 智一 さんは能登を中心に地域活性化・雇用創出へむけての活動と共に開拓地の有効活用、自然体験コーディネート、栽培指導・就農支援、地域ブランド開発・販売、食育などに取り組んでいらっしゃいます。


地元の将来を担う若手の活躍は頼もしいですねラブラブ


最後に、能登ワインの皆様や株式会社高田のお二人も交えて記念撮影林家ペー


☆おしゃれを楽しむブログ☆


この後突然、白河三來 さんが「あそこで写真撮りた~い!」と雪に覆われた先に見える男女の像を指差しましたポイント。


「メミちゃま一緒に行きましょう♪」と爽やかに誘われ、ご一緒したショットがこちら

↓↓↓

☆おしゃれを楽しむブログ☆
(この画像は黄色いぞう さんが提供下さいました


能登ワインの皆様からなぜか笑われながらも、ポーズをとった妙齢の女子2人でしたにひひ



能登ワイン株式会社 新田さん、丸山さん、

株式会社高田 村山さん、美間さん、


お世話になり有難うございましたペコリ

能登の美味しいワインがますます普及すること応援しております祈る



*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*

能登ワイン株式会社


〒927-0006 石川県鳳珠郡穴水町旭ケ丘り5番1
TEL:0768-58-1577
FAX:0768-58-1588

http://www.notowine.com/


◆営業時間   9:00~17:00
◆工場見学   夏季(4/1~11/30)・・・9:00~17:00
          冬季(12/1~3/31)・・・10:00~16:30
◆定休日    土曜・日曜・祝日・年末年始

※但し、土・日曜日、祝日に見学をご希望の方は事前申し込みが必要!

◆駐車場     有 無料  


HPからお取り寄せができます。

↓↓↓

☆おしゃれを楽しむブログ☆


*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*


以上、長い長い記事をお読み頂き有難うございましたペコリ


********************


牡蠣今までの記事はこちらやじるし


能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」①プロローグ

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」②出発ハプニング

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」③到着時の大歓待

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」④穴水町役場表敬訪問

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」⑤能登丼・福寿司と新聞取材(1)

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」⑥能登丼・福寿司と新聞取材(2)

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」⑦能登丼・福寿司と新聞取材(3)

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」⑧穴水湾で牡蠣の水揚げ体験

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」⑨曽良かぶら寿し加工場見学

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」⑩ボラ待ちやぐら&中居鋳館見学

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」⑪全身牡蠣まみれの夜(1)

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」⑫全身牡蠣まみれの夜(2)

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」⑬まいもんに食い倒れた2次会

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」⑭眺めのイイ充実設備のお宿

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」⑮輪島朝市(1)【柚餅子総本家 中浦屋】

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」⑯輪島朝市(2-1)【塗太郎】

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」⑰輪島朝市(2-2)【塗太郎】

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」⑱輪島朝市(3)【朝市通り

能登穴水は食と景色と人の「まいもんの里」⑲能登牡蠣のチリソース丼・香林



雪中ジャンボかきまつり2010


いよいよ

1月30日(土)31(日)に開催!


☆おしゃれを楽しむブログ☆



ペタしてね




麻日奈 芽実さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス