7月7日、「偶発性をデザインする〜人口5000人の徳島県神山町はなぜ進化し続けるのか」と題して、大南信也さんによる講演会を開催しました。

会場は嚮陽会館。

 

4月に神山町に行った時、とてもありがたいことに大南さんに神山町をご案内いただきました。

その際に、「神山まるごと高専設立の際に福野さんにとってもお世話になったから、鯖江に行きます」とおっしゃってくださいまして。その時にしっかり講演をお願いさせていただきました。そこから約3ヵ月で実現!

image

15年前、はじめて神山町のことを知って以降、周りのIT関係の人たちが神山町にやたら行くし、サテライトオフィス誘致の取り組みにおいて「神山モデル」という言葉が生まれ、鯖江もそうですがいろんな地域が神山を真似ようとしました。

4月に神山に行って、なぜ神山に人が集い企業が集うのかがわかり、これは鯖江の方々や福井のまちづくりに携わっている人に聞いてほしい!と思ったので、今回、キープレイヤーである大南さんの講演会が実現できて本当に良かったです。

 

image

福井県内外から100人が参加してくれました。さすが大南さん、県外からも来るというのがすごいです。

 

image

大南さんが神山で活動し始めて33年。一朝一夕でいろんなプロジェクトが生まれてきたわけではなく、何年もかけて作った土台に集った人の縁がどんどん広がっていき、クリエイティブな人が神山という場でプロジェクトを生み出しての今。そしてその結果、学校(神山まるごと高専)までできたわけなので本当にすごいです。神山という山の中の小さな町に「行く」と決めた志ある未来を創る高専生が、神山という場に集いまた新たなクリエイティブな何かを生み出していくのだと思います。

現在2期生なので、まだまだこれからが本当に楽しみです。

 

image

すきな鯖江をすきな鯖江に!

を加えてすきをすてきに。大南さんオリジナルのお言葉だそうです。

この講演のことを取材してくれた福井新聞の今日の記事でも書かれていましたが、

小さなさざ波が大きくなって社会が世界が変わっていくので、それぞれが身の回りで行動することが大切。という大南さんからのメッセージ、まさに市民主役だと思います。

まちのことを自分事と捉えて、小さくていいから(ゴミ拾いとか)主体的に動いていければと思います。

素敵なメッセージありがとうございました。

 

そして、第2部。福野さんとの対談。

テーマは「神山まるごと高専誕生秘話と今」

image

福野さんは、神山まるごと高専の技術教育統括ディレクターとして、4月に入学してすぐのまるごと高専生にITブートキャンプという1週間のIT入門授業を行っています。

(そのITブートキャンプの最初の授業、IchigoJamはんだ付け講座お手伝いに行ってきました)

 

image

大南さんからのお話しでもありましたが、神山まるごと高専は企業から100億円の出資を集めて設立されています。授業料は無料。全寮制ですが、その寮のお金は世帯収入によって変わるため、収入の低いご家庭だと無料になります。お金がある家の子じゃないと入れないとかではなく、誰もが目指せる学校を作りたかったそうです。そのお金をどうするか。を考えた結果、100億も企業から集めたというのがすごいです。それだけ可能性のある学校だということですね。そして、教育に関心がある人が多いということ。

 

image

途中、神山まるごと高専の校歌を福野さんが流してくれました。坂本龍一さん作曲、歌っているのはUA。私達世代からするとうわーーーすごい!と盛り上がる方々ですが、今の学生は知ってるのだろうか。笑

どういう生徒に神山まるごと高専に来てほしいのか。という質問に、「山の中にある神山に、行く。と決断できる人」とおっしゃっていました。

最前列で聞いていた中学1年生の子が、とても熱心に聞いていて、まるごと高専の話の時はスライドを写真撮っていたので興味あるんだろうなーと思ってみていました。

今の2期生には福井出身者が1名います。今後も福井からも神山に「行く」と決断する子が出てくるのが楽しみです。

 

本当にあっと言う間の2時間でした。

ずっと憧れていた神山、お会いしたいと思い続けた大南さんの講演会を鯖江でできて嬉しかったです。

大南さん、ありがとうございました!

 

image

 

 

<番外編>

image

佐々木市長も公務の合間に挨拶に来てくださいました!

 

image

今回の講演会、主催はエル・コミュニティでしたが、鯖江市商工観光課が全面バックアップ!

大助かりでした。

 

そして、学生団体withの大学生もお手伝いしてくれました。

image

会場の設営から片付け、掃除まで。

with合宿中でしたが、中断してのお手伝い。申し訳ない。

 

テキパキ動いてくれるので、5分ぐらいで会場が設営できちゃいました。

さすが。

image

withの学生達にも講演聞いてほしかったので、ほぼ強制的にでしたが(笑)聞いてもらえて良かったです。

 

お昼は、みんなで一緒に「こっしぇるん。かふぇ」のお弁当。

野菜たっぷり鯖江のお弁当、大南さんにも味わっていただけました。

image

 

image

おまけしてくれたトマトまるごと。

 

image

登壇者も運営者もみんなで食事ってなかなかないかも。笑

みんなで食べると美味しいものがさらに美味しくなります。

 

ご馳走様でした。

そしてお疲れ様でした!

 

4月に神山に行った時のブログ記事