東京で開催するのは3回目。今年も開催しました、さばえIT推進フォーラム2020。

ひらめき電球さばえIT推進フォーラム2020~電脳メガネサミット inTokyo~

新型コロナウイルスの影響で、牧野市長は鯖江からオンラインで登壇。鯖江の宝、ここは大事をとって当然の判断ですね。

モニターとスクリーン、同時併用できたのでオンライン登壇あまり違和感なくスムーズでした。もうこういうのも活用していかないといけないですね。

 

第一部『SDGsと鯖江オープンイノベーション』

第一部、第二部ともにモデレーターは福野さん。もうこれ福野さんしかできないので毎年福野さん。

鯖江からオンラインで牧野市長プレゼンテーション。東京側では、鯖江市CIO牧田さんがしっかり事前テストして進行サポート。鯖江市側でも職員の方が時々映りながら調整していましたが、さすがITのまち鯖江。職員の方で対応できてしまうオンライン登壇。

鯖江市のSDGsの取り組みを熱く語っていただきましたが、オンラインでも伝わりますね。市長のお人柄。

 

こちらテストの時の画像です。パソコン画面を撮ったものなのでちょっと画質粗いです。

参加者との交流という点では、やはり現地にいないとできませんが、プレゼンテーションするだけとかは今後どんどんオンライン活用していったらいいなと今回の様子見ていて思いました。特に、鯖江から東京まで行くとそれだけで往復7時間という時間をかけないといけないですし、すでにコミュニケーション取れている人たちとの会議であったりもオンラインでやっていきたい。

 

第一部、牧野市長にはずっとつないでいただきながら、他の登壇者の自己紹介。

Forbes JAPAN編集長の藤吉さん。鯖江との縁のきっかけや、ForbesJAPANに取り上げていただいた時のエピソードをお話してくださいました。「福井モデル」という藤吉さんが書いた本がありますが、この取材をきっかけにして出会った鯖江。面白い人がたくさんいる!というので、鯖江のことを取り上げる文量と機会が増えたのだとか。ありがたい。

 

そして、昨年から鯖江ともタッグを組んでいただき地方創生を手掛けてくださっているKDDI松野さん。

なぜKDDIが地方創生に力を入れているのか。かなりぶっちゃけてくださいました。オフレコなので書きません。参加者内だけの秘密です。

5Gのお話とか、電脳メガネとも親和性が高いのでみなさん食いつかれていましたね。みんな気になる5G。

 

パネルディスカッションが一段落したところで、福野さんが振ってくれてHana Opne Innovation Lab.(Hana工房)の宣伝させてもらいました。この場に、すでに入居してくださることが決まっている企業の方もいらっしゃったのですが、まだまだ募集中です!

3月11、12日には鯖江でのサテライトオフィス現地視察ツアーも行いますので、その案内(宣伝)も。みなさん、鯖江に遊びに来てください。今回会えなかった牧野市長と懇談する時間ももちろんあります!

 

と、しっかり鯖江宣伝させていただき、第2部へ。

第2部『ウェアラブル伝道師と語る2020』

私は10年ぶりぐらいにお会いしましたでしょうか。電脳メガネと言えば!の塚本教授。なんと、20年もずっと研究され、そしてずーっと何かしらの電脳メガネを装着し続けていらっしゃいます。今は、アップルウォッチを装着していて、私も付けさせていただきましたがとっても軽いし、心拍数であったりが常に確認できてめちゃくちゃ便利です。

 

そして、東京大学院生の高木さん。右耳が全く聞こえないそうで、自分みたいな片耳が聞こえない人に役立つ電脳メガネを開発中です。我らがボストンクラブさんと出会ったことで、2年ぐらいかけて試行錯誤していたことが一気にステップジャンプしてメガネ型の「製品」になってきたそうです。やはり掛けるという点ではメガネメーカー強いです。

現在も、ボストンクラブさんと一緒に開発を進めているとか。

そして、学生視点での「起業」する上での課題や困っていることを共有してくれました。鯖江で合宿してみんなに課題を共有し、そしてそれぞれがやれることを出していったらいいかも。という福野さんらしい提案。きっとやることになるのでしょう・・・。

 

そして!お待ちかね。ネットワーキング(交流会)のお時間。

梵の加藤社長より、今年も梵GOLDをご提供いただき、みんなで食事しながら梵を嗜む。

梵と、梵の盃。そしてボストンクラブ小松原社長からの差し入れ、焼き鯖江寿司と大福あんぱん。

 

梵の美味しさにみなさん感動。でしょうでしょう。

 

 

みなさん、いろいろと情報交換されていましたね。お酒が進んでしまうので危険ですが、ここで何か結びついて動いてくと開催している甲斐があります。

ご参加いただいた皆様、そして登壇いただいた皆様ありがとうございました!

 

そして!このフォーラムを支えてくれたのが、鯖江市地域活性化プランコンテストの参加者OBOGの現役学生。

右から、第10回参加者の中島くん。第11回参加者の山野さん。第10回参加者の宮本くん。本当にありがとうございました。

もうねー、何も言うことなし。事前に打ち合わせなんてしていないのに、めちゃくちゃ気が付く彼らは、指示する前にいろんなことに気づいてくれて、事前に確認してくれるし動いてくれるしで本当に助かりました。いやー優秀。私はずっと座ってパネルディスカッション聞けました。

 

みんなで仲良くお昼ご飯している時。みんなに会えるから東京でやるイベント好きです。

 

鯖江市地域活性化プランコンテストでつながる縁は本当に素晴らしいなとまたまた実感した1日でした。