鯖江では、学生団体withの学生達が鯖江市地域活性化プランコンテストを主体的に運営し地域活動を行っています。OBOGになってからも継続して関わってくれる学生も多くいます。

そんな学生団体withのサイクルに感動し、中津でもやりたい!と今年から高校生が政策立案をする「中津チャレンジユニバーシティ」を開催されます。中津JC主催で。

 

その中津JCさんに呼んでいただき、講演&パネルディスカッションに登壇してきました。

 

演題、「中津の未来を変えるまちづくりとは?」。

・・・。鯖江の事しかしゃべらないですけど大丈夫ですか?と確認したら、「鯖江で起きていることを、中津でも目指している!」が分かればいいので。ということで、演題はあまり気にせず、鯖江市地域活性化プランコンテストと学生団体withについてお話し。

中津では、高校生を対象にします。鯖江でも去年から高校生も入れてやっているので、そのことで良かったことと課題とをお話ししました。

 

講演のあとはパネルディスカッション。

中津市の前田副市長、中津JCの末森理事長、そしてコーディネーター森本さん。

森本さんは3年前ぐらいから中津の別事業のご支援をされていて中津に通っていたそうです。ホントにたまたま。

森本さんがエル・コミュニティ役員だと全く知らず、末森理事長が私のことをお話ししたらあらびっくり。という感じだったそうです。

そして去年森本さんも一緒にJCの方3人も鯖江市地域活性化プランコンテストに観覧に来て下さいました。

 

 

鯖江のことをよくご存じの森本さんのファシリテーターの振りは、何を言ってほしいかわかりやすくて話しやすかったです。

 

 

中津JCの皆さん、中津市役所の職員さん、議員さん、高校の先生達が聞いてくださっていました。

 

パネラー4人で。

 

このあと中津JCの懇親会にみんなで参加したのですが、体育会系ですね(笑)JC。

鯖江にもJCありますが、こんなにいない気がする。中津JCは50人だそうです。会員。

 

2次会はとってもおしゃれな古民家Barに連れて行っていただきました。

withポーズ。私は何も言ってません。みなさんの方から「withポーズで!」とおっしゃいまして(笑)

with人気ですね。

ということで、来月も中津行きますが、その時はwithっ子も連れて中津入りです。

 

皆さま宜しくお願い致します。

 

今回は何から何までありがとうございました。

中津の高校生が地域に目を向けるきっかけになり、そしてみなさんとつながることで、継続して地域とつながっていけるといいですね。

 

地域で創る鯖江モデル、全国へ。