鯖江市地域活性化プランコンテストが終了して3日後。9月12日新潟県長岡市に行ってきました。

目的は講演だったのですが、いつもだとプランコンテスト直後は掃除だったり支払いに回ったりしているし、数日は寝不足と疲れでぐったりしているため、プランコンテスト後すぐに出張を入れるということは避けてきました。でも、第11回は夜中作業せずに寝てもらうつもりだったし、新實くんや正一くんもいるのできっと負担は軽いし大丈夫!と思って講演をお受けしました。

合宿期間中3日間は例年に比べて体力的余裕がうまれましたが・・・前日まで寝込んでいたために体力の回復が遅れぐったりとはいかないまでも、疲れがとれていないまま長岡へ。

 

昨年から新潟に行く機会が増えましたが、新潟遠い!乗り換えも3回もしないといけないし。でも、長岡はまだ手前なので新潟より1時間短くて済みます。

 

長岡に着くと、今回の講演の主催者 時事通信社内外情勢調査会長岡支部の方が駅に迎えに来て下さっていて、簡単にこの日の流れを確認。そして長岡市役所の方の車で街なかへ。

連れて来ていただいたのは、長岡市内にある3大学1高専と企業家がコラボする活動拠点「NaDeC BASE」。

 

 

今年6月にオープンしたばかり。元は百貨店で、百貨店が撤退する時に市が寄贈してもらった建物だそうです。そのためとっても広い。

 

レーザーカッターとかが置いてあるFabスペースですね。

 

ワークショップするスペースでしょうか。

 

オシャレな椅子が置いてあったり、壁は真っ白でホワイトボードになっています。デザインシンキング体験に使いたい・・(笑)

 

こちらの一角で、長岡市役所ながおか・若者・しごと機構推進課 五十嵐課長から長岡市の若者を活かしたまちづくり戦略とNaDeC BASEの説明を。

ながおか・若者・しごと機構代表理事の芳賀さんからまちなかキャンパス長岡 や長岡の歴史についてもお話しいただきました。

私がすぐ質問するから説明が中断しちゃったりして話し辛かったですよね。すみません。てっきりディスカッションしていくような感じだと思っており・・・。

長岡は、戊辰戦争、第二次世界大戦の時に焼け野原になってしまったため、歴史建造物はほとんど残っていないそうです。でも、文化であったり精神というものは残っていて、それが長岡花火であったり今のまちづくりにつながっているとか。歴史の話し好きなので、歴史の話しもちょっと聞かせていただき勉強になりました。

まちなかキャンパス長岡は、市内の大学の教授がこちらの先生も務められているそうです。学校とはまた違う反応があったり、お金を払ってわざわざ受けに来る意識の高い方々なので先生自身も刺激になって、最初の頃はあまり前のめりではなかったのものの、今はとても喜ばれているとか。

人づくりは本当に大事なので、人づくりに焦点を当てたまちなかキャンパス長岡、とってもいい取り組みですね。

 

 

そしてお次は、完全に民間でがんばっている SUZU GROUP の鈴木さんのお話し。地場の野菜を使ったお料理を出す飲食店を経営しているだけではなく、長岡の観光につながる仕掛けを食を通じて行っています。プレゼン資料がキレイ!おしゃれ!食のワークショップ時の動画も見せてもらいましたが、これまたオシャレ。そしてお弁当1つ見てもオシャレ。これは若者買います。魅せ方、ほんと大事。

(鈴木さんは、長岡出身で今は河和田でギター弾いたり有名な渡辺さんの後輩ということで、また縁がつながった!)

 

お忙しいところとっても勉強になるお話しありがとうございました。楽しかったです。

 

そしてお次は、長岡市役所に連れて行ってくださいました。ここから徒歩3分ぐらい。

駅前はこんな感じ。福井市と良く似た雰囲気。

 

おしゃべりしながら歩いていたら、急にオシャレな建物出現。

なんと、これ長岡市役所!

 

隈研吾さん設計だそうですが、おしゃれすぎでしょ。左が市役所機能が入った建物。右は議会。

 

福井市でいうと駅前のハピリンみたいな機能も持っていて、1階の多目的スペースではしょっちゅうイベントが開催されているそうです。

 

コンビニもあって、高校生がたくさんいました。駅前に市役所があるのはいいですね。職員の方々が街に出て食事したりするとお金が落ちるし活気がでる。(福井県もお堀から早く出て街中に移ればいいのに。ほんとセンス悪いことしたもんだあれ)

 

市民窓口は、なんと20時まで営業しているそうです。

職員の方々は、シフト制だとか。

 

 

市長室は左側のちょっと出ているところです。市長室、浮いてます。

 

この隈研吾さん設計の市役所、いったいいくらかかったんでしょう・・・。合併した時の交付金で建てたんですかね?

市役所もそうですが、NaDeC BASEも元百貨店ということでやたら広いし維持費がかなりかかりそう。おそらく収益事業ではないので、税金かかり過ぎな気がします。

さらに驚いたのが、市が運営するシアターがあります。無料のシアター。

長岡花火について説明してくれるシアター。内容はとっても良かったです。3Dめがねで見るので、花火が3Dで見れました。

 

 

こちらも相当お金かかってますが、収益要素ゼロ。

ここに花火関連のお土産とかを置いておいたら買う人いると思うので、少しでもお金が入ってくるようにグッズ置いたらどうですか?と課長さんに。

 

市民の方々集ってイベントしたり楽しんだり。街中に人を呼ぶ効果はあるのですごく良いと思いましたが、維持費がどうなってるのかが気になりました。

ただ、市役所機能を駅前に点在させていたり、あるものを利用して人が集まる場所を作ったりしているので、そういうのは福井市も参考にしたらいいんじゃないかなと思います。長岡に新幹線が開通したのはかーーなり前ですが、人口規模も同じぐらいだし是非。

 

そして夜は講演。いろいろ見て聞いてとさせていただいた後だったので、長岡に合わせたものにしようと直前にスライドを追加。市民主役条例、提案型市民主役事業化制度についてもお話ししました。市が直接運営し過ぎな気がするので、もっと民間に振ったらいいなぁと。平行して人づくりもされているので、あと数年にはすぐできそうですけどね。

 

プランコンテスト終わって3日後だったので、ほやほやのムービーもお見せしました!

 

質問もたくさんいただき、ご興味持っていただけたようで良かったです。

 

講演して終わりだと思っていたので、長岡の取組見せていただいたりといろいろとご配慮いただきありがとうございました!