茨城県立境高校で講演

テーマ:

高校生向けの講演は初!

11月8日(火)、茨城県立境高校の全校生徒の前で講演してきました。

 

大学生向けは何度も講演したことありますが、高校生達の前でお話しするのは初めてでした。しかも、全校生徒!事前に会場である体育館を見せていただきましたが、学校の体育館懐かし~と思うより先に、会場の広さにやや萎縮。

生徒さんの人数を聞いたら、700人・・・!

 

どーん。全国生徒が集まった体育館は迫力があります・・・

 

境町では、今年8月に高校生向けのプランコンテスト(境町高校生まちづくりアイデアソン)を開催。そのお手伝いをさせていただいたことからの縁で、校長先生から今回のお話をいただきました。

(境町のコンテストでは、地元高校生である境高校の学生さん達がたくさん参加してくれて、一生懸命プランを考えてくれました)

 

いつもの演題だと、地域活性やまちづくりに興味のある学生や行政、まちづくり団体向けだったので、

・若者が活躍できるフィールドを鯖江に

・若者の地域活動への参加促進

とかとか、地域活性に興味なかったら絶対興味ないテーマ・・・

そのため今回は、「地域を楽しむということ」という簡単テーマにしました。

 

私が高校生の時、1時間30分もあのカタイ椅子でじっと人の話し聞けてた自信ないので、どうやったらみんな聞いてくれるんだろう。とずっと気にしながらスライド資料も作ったしお話ししました。

高校時代~現在までの実体験=現場の話しだったので、かたっくるしい話ではなかったのではないかと思います。人物語って面白いですもんね。

 

鯖江の紹介もしっかり!(鯖江知らない人たくさんいてなかなかショックでしたが、逆に境町知ってたかと言われると知らなかったのでそんなもんです)

 

毎年1回開催している文化講演会でお話ししたのですが、学校行事のため授業でしっかり予習もしてあったようです。鯖江のこと、私のこと、エル・コミュニティのこと。NPOとは?とか。
全校生徒の中で質問するのはかなり抵抗があるとのことで、事前に質問をもらっていました。もらってましたが、誰も手を挙げないだろうなぁと思いながら募ってみました。

 

なんと。2年生の生徒さんが質問してくれました!

この人数の中手を挙げて質問するってすごい勇気。素晴らしい!

ありがとうございます!

 

なんとか1時間30分話し終わったら、生徒会長と副会長がステージに・・・

 

すっごくしっかりした生徒会長の御礼のお言葉をいただき、そして花束までいただいちゃいました。

境高校のみなさん、聞いてくれてありがとうございました!

 

境町高校生まちづくりアイデアソンにたくさんの生徒さんを送り出した、とっても理解のある優しい校長先生と。

 

なぜ私が今回選ばれたかというと、高校生の時も短大の時も何もやってない超意識低い系だったからだそうです。(笑)

例え学生の時に何もやっていなくても、こういうことできるんだよ。活躍できるようになるんだよ。だから今からでも遅くないよ。が伝えたかったとか。

 

今日、生徒さんのアンケートをまとめたものを送ってくださって読ませてもらいましたが、下記のようなことが書いてあってとっても嬉しくなりました。少しでも良いきっかけになったのなら幸いです。

※自分からあまり動こうとしていなかったが、これからの将来を考えて行動しようとおもった。やってみたいと思ったことは勇気をだし一歩踏み出しやってみる。
※自分の考えが変わった。今まで、田舎や地元があまり好きじゃなかったけれど、私も自分の地元に貢献したいという気持ちが生まれた。

※私が大人になったら地域の町おこしプロジェクト(祭りの開催など)に積極的にボランティアとして参加していきたい。私の小学生時代には「子供会」があり、そこでも夕涼み会などの準備を手伝ったが、若い世代の参加者が少なく子どもの参加も少なかった。なので、自分が若いうちに町おこしに参加することで子どもも参加しやすい環境をつくり、子ども世代からすすんで活動できるような町づくりに貢献していくことができるだろうと感じた。

 

そして、来年も境町高校生まちづくりアイデアソン開催すると聞いているし、実行委員長の塙くんから「宣伝してきてください!」と言われたので、3回ぐらい言いました。1、2年生の生徒さん達に。「一歩踏み出すいい場があるよ!来年、アイデアソン出てね!」と。

出てくれるといいな~。

 

とっても素敵な経験をさせていただき、本当にありがとうございました。

 

 

生徒さんにいただいた花束は、境町→鯖江まで美しいまま持って帰ることができ、飾らせてもらいました。

 

また来年、境町で会いましょう!

 

 

これまでの講演一覧
エル・コミュニティ沿革