鯖江大好きです。それはもちろんですが、鎌倉も大好きです。

おととし1月に鎌倉 松尾市長やカマコンの皆さんが鯖江に来られてから、

はじめて鎌倉という地に行かせていただいて、そこから何度も通うように。

そしてちょっとだけシェアハウスにも住んでみたりもしました。

 

そんな鎌倉と鯖江のコラボイベント、この2年半でいくつかできましたが、

集大成じゃないのか。ぐらいのイベントが鯖江と鎌倉で開催することができました。

 

まずは、昨年2015年10月31日に鯖江で開催した「オープンガバメントサミット2015」に、鎌倉の松尾市長とカマコン今村さんをお呼びして登壇いただきました。

ひらめき電球みんなで作る未来。オープンガバメントサミット2015開催しました

 

この時に、松尾市長が「今度は、鎌倉に牧野市長をお呼びしてサミット開催したい」とおっしゃっていて、それがすぐ実現しました。このスピード感最高です。

松尾市長、素敵。

 

「未来創造フォーラム~市民が主役のまちづくり~」

まさに鯖江。の題名。

ひらめき電球鎌倉市HP:未来創造フォーラム~市民が主役のまちづくり~

 

当日は、ひどい雨の中たくさんの人が来てくださいました。

 

第1部:講演
「市民活動を推進する条例づくりに向けて」


・(仮称)鎌倉市市民活動推進条例検討委員会委員 志村 直愛
・逗子文化プラザ市民交流センター館長 手塚明美
・鯖江市長 牧野百男

 

 

鎌倉市は現在、市民活動を推進していくための条例を作っているところです。

鯖江の市民主役条例も参考にされているとのことですが、今どのように進めているか、検討委員会の志村さんから説明がありました。

また、現在は鎌倉のお隣逗子で活動していますが、他の地域でも活動されている手塚さんからとても深い市民活動のお話しがありました。

どちらもお話し上手でとても分かりやすかったです。

そして牧野市長!

鎌倉に牧野市長がいらっしゃることに感動しっぱなしでしたが、さすがの市長プレゼンで鯖江市民としてとても誇らしかったです。

鯖江市の概要、そして市民主役条例、提案型市民主役事業化制度について数字を出して説明されていて、わかりやすかったし、改めて鯖江すごいな。と思えました。

たった2ヶ月で条例案ができあがったという鯖江のスピード感に、志村さんがうなってました。

 

 

第2部:事例紹介・対談
「市民がやっちゃう!地域貢献のカタチ」

登壇
・NPO法人エル・コミュニティ代表 竹部美樹
・(株)jig.jp代表取締役社長   福野泰介
・(株)カヤック代表取締役CEO 柳澤大輔
・鎌倉市長   松尾崇

 

そして第2部、私も登壇させていただきましたが、松尾市長とカヤック柳澤さん、jig.jp福野さんと一緒にパネルディスカッション・・・

感激感激感激感激。

 

私からはもちろん、鯖江市地域活性化プランコンテストについて話させていただきました。

話が終わって、つい、福野さんにそのまま話し振っちゃったらコーディネーター役の松尾市長から突っ込まれました。

いい突込みで、一番笑いがおこっていた気がします(笑) すみません、仕切っちゃいました。

 

なぜかイチゴの帽子をかぶった福野さんを隣から激写。

 

福野さんと私は自分がやってること、思ってることをひたすら話す。でしたが、カヤック柳澤さんはほんとさすがで、第1部の牧野市長のお話も踏まえ、短時間で鯖江3人の話しをまとめて話してくださいました。

同じ壇上にいながら、ぽわ~っと感心。

 

カマコンの勢いもさることながら、柳澤さんの求心力。いつもスゴイなぁと思っていますが、リーダーシップだけじゃなくて細かいところにまで配慮できる人間性がカマコンをしっかりまとめてるんだろうな。と思います。

 

第3部:パネルディスカッション
「これからの『つながる共創』のつくり方」

コーディネーター
東北芸術工科大学教授 志村直愛

パネリスト
・逗子文化プラザ市民交流センター館長 手塚明美
・鯖江市長 牧野百男
・(株)カヤック代表取締役CEO 柳澤大輔
・鎌倉市長 松尾崇

 

そして第3部で再び牧野市長登場。

休憩中に市長を撮っていたら、なんとも素敵な笑顔が撮れたのでアップ。

 

鎌倉の皆さんに牧野市長を知ってもらえて本当に嬉しい!

第3部でも、牧野市長のお話しはさすがさすがさすがで、言い切るところと、鯖江市職員を褒める。市民を褒める。鯖江は市民力、職員力が凄まじいんじゃないかとだんだんマインドコントロールされてくるんじゃないかと思うほど。でも、事実ですから。

 

ここでも、カヤック柳澤さんがいい質問を牧野市長に投げかけてくださって、市民主役の成り立ち、本質をうまく引き出していました。

さすが面白法人カヤック柳澤さん。面白い名前を付けたらいいのでは。と鎌倉で作成中の条例にアドバイス。鯖江の「市民主役」はとってもわかりやすいしキャッチ―だけどもう使われちゃってるから、鎌倉もわかりやすく話題になりそうな条例の名前を!と。鎌倉が面白い名前つけたらニュースでたくさん取り上げられそうな気がします。

 

終わった後、会場にいらっしゃった方とちょっとお話ししましたが、とても面白かった!とおっしゃっていました。他地域から来られていた方は、自分のところの地域に活かせるヒントをたくさんもらえた!と。嬉しいです。

 

 

一番実績も少なく知名度もない私も一緒に登壇させていただき本当にありがとうございました。

とにかく嬉しかったです。

 

このシンポジウム、中身が決定するまでに鎌倉市役所の平澤さん達とやり取りさせていただきましたが、鎌倉市の皆さんの苦労も感じながらも、言いたい事言わせてもらいました。すぐに対応して、動いてくださって。とにかく早かったです。カマコンの今村さん、宮田さんもすぐにHELPに入って下さり、最後までサポートしてくださいました。

みんなで一緒に創った感じです。協創です。

 

共に創る。

これは地域内だけのことではなく、地域間連携、そして官民も一緒になってのことですね。共に創ることで、それぞれの持っている英知が集まって、イベント1つであってもイノベーションが生まれると思います。

鎌倉市、鯖江市、企業、NPO。

今回が集大成!と思っていましたが、そうじゃないですね。これは協創の第一歩なのかもしれません。第一歩にしないといけないですね。

引き続き、鎌倉×鯖江 で地域が元気になる、地方発!の何かを創るべく連携していけたらなと思っています。

みんなで創る未来。オープンガバメント!

 

鎌倉市の皆様、ありがとうございました。

 

ひらめき電球Yahoo!ニュース:鎌倉で「市民がやっちゃう!」シンポジウム 市民活動推進条例づくりに向け /神奈川

 

ひらめき電球牧野市長ブログ:「~市民が主役のまちづくり~未来創造シンポジウム」が鎌倉市で開催されました。

 

ひらめき電球福野さんブログ:未来を選ぼう!市民が主役、未来創造シンポジウム in 鎌倉 x 鯖江