茨城県境町に行ってきました。

境町は、利根川の流れと緑豊かな田園風景が広がり、梅山豚(国内では境町にしか種豚のいない高級食材)とさしま茶がおいしい町です。

 

茨城県境町で、8月に高校生向けの「まちづくりアイディアソン」を開催することになりました。境町は、18歳を参与にしたことで全国ニュースにもなった、今注目の町でもあります。

ひらめき電球18歳の慶応大生が境町の非常勤参与に 塙さん「若い世代の声を町政に」

 

鯖江にもいつも来てくださっている元流山市議で、議会改革を推進したとして有名な松野さんが境町のCMOに就任。その松野さんが鯖江のことを紹介してくださり、エル・コミュニティとしても協力することになりました。

境町まちづくりアイディアソンをするにあたり、鯖江市地域活性化プランコンテストの事例と、こだわりポイントと、どういう点が成功ポイントなのか。を話してほしい。ということで、境町役場の職員さん向けの講演。(職員研修)

 

町長はじめ、議長やたくさんの職員の方々が聞いて下さりました。

さらに、境町のアドバイザーに就いた元佐賀県CIO森本さんや、東京大学の教授、茨城県広報監、境町高校の校長先生や教育委員会の方々もいらっしゃいました。

 

 

鯖江市の行政の方々による支援が大きいこともお話し。

刺激になったかなー。

 

境町の町長がなんとまだ40歳。若い!

めがね堅パンをお土産に。

 

向って左から、茨城県広報監の取手さん(元インテル)、私、橋本町長、奥村教授(東京大学)。

 

講演の後は、町役場近くのご飯屋さんでみんなでご飯。

議長さんも来てくださったのですが、他の議員さんもたまたま同じ店でご飯していてお話しすることができました。みなさんとっても気さく!

 

また8月に来るのが楽しみです。

 

 

18歳参与の塙くん(慶應生)を中心に高校生向けアイデアソン進めていきます。

そして学生団体withの奥田くんもこのプロジェクトの起案者の1人なので一緒に進めています。8月、楽しみです!