クリックで救える命がある。―― クリック募金ブログパーツ | きらきら研修医オフィシャルブログ(アメブロ)
2007年01月15日

クリックで救える命がある。―― クリック募金ブログパーツ

テーマ:みんなでつくるチームきらきらに参加する

“みんなでつくる”チームきらきら


突然ですがみなさん、募金ってしたことありますか?


駅前なんかでよくやっていますが、
ちょっと恥ずかしくてなかなか募金できない、なんて方も
いらっしゃるかもしれませんね。
そんなシャイな方でも、そして駅で立ち止まっている時間のない
超多忙なビジネスマンの方でも、気軽にパパッと参加できる募金があります。


それが、dff.jpのクリック募金
「クリックで救える命がある。」とはそのキャッチコピーなんです。


クリック募金とは、クリック募金サイト上の
募金ボタンをクリックするだけで、無料で募金ができる仕組みのこと。
クリックした人がお金を出すのではなく、
スポンサー企業が寄付をするので、個人負担は一切なし。
誰でも気軽にパパッと募金できちゃう活気的な仕組みなんです。


たくさんの命を救う“医師”という仕事に熱心に取り組む
研修医うさこ先生への応援の気持ちも込めて、
キラキラチームきらきらキラキラでは、このクリック募金を応援することにしましたビックリマーク


そんなわけで、じゃーーーーーんベル
クリック募金ブログパーツ、登場ですクラッカー

 

  ↓↓ こちらはイメージ ↓↓

クリック募金ブログパーツ


このブログパーツをクリックすれば、


  病院 難病の子ども支援  病院 国際医療支援
  病院 難民の子ども支援  病院 骨髄移植推進支援


の4つに募金することができます。
ブログパーツはみなさんのブログにも貼り付けることができますので、
ぜひ貼り付けてみてくださいね。

「きらきら研修医」とともにクリック募金を応援しましょう!!


――――――――――――――――――――――――――――――――
【 ブログへの貼り付け方 】

下記のHTMLソースを全てコピーし、あなたのブログの

HTMLタグ書き込み可能なところに貼り付けてください。


<script language='JavaScript' src='http://bnr.dff.jp/click.js'></script>


※アメブロをご利用の方は、サイドバーの設定 ⇒ プラグインの追加 で

 「フリープラグイン」を選択して上記のタグを貼り付けてください。

 すでに「フリープラグイン」をご利用の方は、サイドバーの設定 ⇒ サイドバーの設定 で

 フリープラグインの設定をクリックして、そこに貼り付けてください。

――――――――――――――――――――――――――――――――


ここでインタビュアーさめこメラメラ
クリック募金を運営している株式会社ディ・エフ・エフ 代表取締役
清水久敬さんに、クリック募金についてお話を伺いましたビックリマーク



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



ディ・エフ・エフ代表取締役・清水久敬さん さめこ: クリック募金の仕組みを立ち上げたきっかけは、何だったのでしょうか?


清水さん: 1999年から2000年にかけて、アメリカへ留学する機会があり、そのときに友人からの紹介で、当時アメリカで急速にクチコミで広がっていたクリック募金の存在を知り、その仕組みのスマートさと社会的意義に魅せられて、1ユーザとして参加していました。


2000年7月に帰国した際に、まだ日本にクリック募金の仕組みがなかったので、日本とアジアでこの仕組みを広げていければいいなと思い、留学時代の仲間とともに、クリック募金を広げるための会社を立ち上げました。



さめこ: クリック募金 のサイトを立ち上げるにあたって、苦労したことは何ですか?


清水さん: クリック募金 は、企業がクリックをした方に代わって
寄付を負担する仕組みなのですが、その肝心の企業の賛同を得ることが非常に難しく、
最初の2年間はひたすら断られ続けました。


企業にクリック募金 の意義を理解していただき、「それならやってみよう!」というように
言っていただくまでが苦労の連続でしたが、一方でやりがいのある挑戦でもありました。



さめこ: きらきら研修医は、新人研修医のうさこが
つまづきながらも一生懸命がんばって成長していくドラマですが、
清水さんは社会人1年目、どんな新人時代を過ごされましたか?


清水さん: 初就職は外資系のコンサルティング会社だったのですが、
実力がないのにもかかわらず、根拠のない自信だけはあり、
自分がこうだと思ったことをストレートに上司に伝えるあまり、
しばしば激しい言い合いになっていましたね。


6ヶ月目でこの会社を離れ、現職の株式会社DFFで
クリック募金 の普及に専念したのですが、
あまりに楽観的な事業計画を立てたり、すぐに資金が尽きるなどして、
まわりの仲間や支援者には相当ハラハラさせてしまったと思います。


社会人1年目は、精一杯自分を大きく見せようと
背伸びをしていたんでしょうね。



さめこ: dff.jp を通して今後どうしていきたいか、清水さんの夢を聞かせてください。


清水さん: クリック募金 がより日常的なものとして
多くの人に気持ちよく利用していただける環境をつくっていきたいと思っています。


現時点でクリック募金 を通じてNPO団体に届けられる年間の寄付額は
8000万円ほどですが、クリック募金 に参加される皆さまとともに
今後これを10倍100倍に増やしていくことが夢です。


クリック募金 は、皆さまからのひとつひとつの
クリックによって支えられています。
今後ともクリック募金 をよろしくお願いいたします!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


うーん熱い! 熱いですメラメラ
熱いですよ清水さんっっっメラメラメラメラ

クリック募金 にかける夢がひしひしと伝わってきます。

新人時代もかなり熱い方だったようで……
苦労の連続の中でもめげずに挑み続けた姿は、まさにキラキラきらきらキラキラです!



みなさんもこのクリック募金ブログパーツをご自身のブログに貼り付けて、

キラキラきらきらキラキラの輪を広げてください。

世界がキラキラきらきらキラキラになりますように~星



チームきらきらさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]