雪や雨の日の履き物は3通りあります



雨用の草履


底がウレタンになっていて滑りにくい
先っぽに爪皮というカバーがついているので足袋の汚れ防止になる



ジュエリーアーティストきらきら♪の和服で制作日記



ただし
爪皮がビニールなのでワイズが3Eのきらきら♪は足の指が当たって

鼻緒を指の股まで入れることができません
長時間履いているのは辛いです




追加(書いたのに消えていた)

草履カバー


手持ちの草履にすっぽりとかぶせるタイプ

底もついていて草履全体を覆うので

水溜りなどの水で草履が傷むのを防げる


外出先でカバーをはずせば普通の草履になるので

替えの草履を用意する手間が省ける、荷物も少なくなる


価格がリーズナブル(2000円でおつりがくる)




ジュエリーアーティストきらきら♪の和服で制作日記



ただし
見た目がスマートじゃない
ちょっと歩きにくい気がする


価格によっては耐久性に問題がある


追加ここまで






爪皮付きの高下駄

雨の日の跳ねを抑えることができる
雪の積もった道だと草履では雪に埋もれてしまう



ジュエリーアーティストきらきら♪の和服で制作日記



ジュエリーアーティストきらきら♪の和服で制作日記

二の字、二の字に・・・粋ですなぁ~




ただし
歩き慣れていないので
コツを掴むまでギクシャクした歩き方になってしまう


車の運転には危険が伴う
アクセルとブレーキペダルを歯の部分で踏みはずす


法律では下駄での運転は×です





ここで素朴な疑問


ちょっとの雨なら普段の草履でもいいんじゃない?

と思うでしょ~


草履は接着剤で貼り付けてあるので

濡れると剥がれることがあるんですよ~


雨の翌日のお出かけでも

水溜りには気をつけましょうね





羽織るもの


雨の日編


雨コートは一体型(ワンピースタイプ)と二部式があります


一体型(ワンピースタイプ)はささっと着ることができるので

出先での脱ぎ着が楽



雨コート用の反物から自分サイズに仕立てる方法と

市販品の二通りがあります




反物から仕立てるタイプ



ジュエリーアーティストきらきら♪の和服で制作日記


仕立てる利点

裄の長いきらきら♪はコートの袖から着物の袖が出ない

雨コートは着物が雨から濡れるのをガードする目的で着ます


意外と盲点なのが袖です

傘をさしている袖口から着物の袖が出ていると

雨に濡れてしまうリスクが大きいのです




一体型の市販品



ジュエリーアーティストきらきら♪の和服で制作日記


価格がリーズナブルといっても2万円台でしょうか

サイズが合えばお得だと思います


きらきら♪も最初は市販品を買いました



ただし

コートの裾がまっすぐになっています

着物を着る時も下前と上前を少し上に持ち上げて

歩きやすいように着付けます


コートの裾がまっすぐということは

歩いていてちょっとの段差でも

裾を踏んでしまうというリスクがあります




二部式



ジュエリーアーティストきらきら♪の和服で制作日記


画像の通りです



なにしろお安い



ただし

外出先でコートを脱ぎ着する場合

脱ぐのはささっと脱げますが

着る時に下の部分を巻いてから

上を着るという二度手間になるので

多少もたもたとしてしまいます



雨コートとしてはあまり使いませんが

ひとつあると便利です


便利な使用法はのちほどご紹介します




雨コートを着る時に着物はどうするか?


いくら雨コートを着ているからといって安心はできません

お行儀良く歩いても着物の裾を汚してしまう心配があります


着物の裾をぐるっとからげて

着物クリップで帯に留めます


きらきら♪は帯締めに着物の裾を挟み込むという荒業をする時もあります



ここで一体型だと

外出先でコートを脱ぐ場合

後を向いて前を開いてクリップを外してパラッと着物の裾を戻せます


またコートを着る時も

後を向いてコートを羽織り、ゴソゴソと裾を上げて留めることができます


一体型の雨コートは出先で脱ぎ着するときに

スマートにできるという利点があります




二部式はパッと尻っぱしょりをして裾を帯にクリップで留めてから

下の部分を巻きつけるということになり

同席している人に一部始終を見られてしまいます





雪の日編



雪の日は防寒コートを着ます



ジュエリーアーティストきらきら♪の和服で制作日記


このコートはアンゴラ混のもの


よくみかけるのが別珍(ベルベット)のもの

これは意外と埃とか糸くずが目立ちやすい




ジュエリーアーティストきらきら♪の和服で制作日記



高級感はあるかもしれないが

エチケットブラシを持ち歩かないきらきら♪向きではない






二部式雨コートの便利な使い方


雪が大量に降っている時

下の部分を巻いてから防寒コートを着る


雪って溶けると水になります

着物は絹です(たいがいは)

パールトーンやガード加工をしていないと

一滴のしずくが命取り

そこの部分が縮んでしまいます


その危険を回避するために

防寒コートでカバーできない裾周りを

二部式雨コートの下の部分でカバーすることができます




着物ってどんなに着込んでも首と足先が寒い


首はどんなに衣文がきれいに抜けていようと

寒いときはマフラーやストールを巻いちゃいます



足先は足袋のヒートテックみたいなのを見つけました



ジュエリーアーティストきらきら♪の和服で制作日記






雨や雪の日以外の冬のお出かけには

普段使っている草履にこんなものをプラスしても



ジュエリーアーティストきらきら♪の和服で制作日記



思いつくままに書き連ね

画像もあっちこっちから勝手に無断転用


あとで読み返してみておかしいところは直しますが

とりあえず本日中にアップできました~♪




ペタしてね



きらきら♪は日本和装の修了生であり

第1回 マスター検定の合格者です


日本和装の無料着付け教室は

着物の着方を教えてくれるだけではなく

帯セミナー、着物セミナーで

帯や着物のできるまで、産地や素材など

知識を教えてくれます

また、コーディネートの仕方

どんな場にどんな着物を着て行ったら良いか

着物を着るための知識も教えてくれます


また、希少性が高く市場に出回らない物も

セミナーで織元さんが持ってきてくれるので

実際に触れて、着装することができます


このような機会を上手に利用して

日本の伝統的な着物を自分で着られる

着物美人さんが増えるといいなぁ~と思います








雨用草履カバー
普段履いている草履にスッポリ被せるタイプ
1000円でお釣りがくる位リーズナブルなものもある


足に慣れた草履でお出かけできる
着いた先でカバーを外せば普通の草履になるので
履き替える手間と荷物を減らすことができる