八島湿原への誘い…☆

テーマ:

 

 

お時間、少し戻りますが…。

去年の暮れの頃…地元の友達と、3人で、こじんまりと忘年会をしたときの事でした。

 

夏以来の久々の再会に、積もる話も多々ありながら…。

 

友達の一人、Sくんが…霧ヶ峰高原にある八島湿原のお話をしてくれました。

 

 

 

 

標高、約1700メートル。

霧ヶ峰高原と呼ばれる、その場所にある八島湿原は、夏でも長袖を着ないと寒いくらい。

 

新月の日に上れば…真上にミルキーウェイが広がり…。

満月の日に上れば…その月明かりの大きさに目を見張る…。

 

夏でも寒いくらいなのに…Sくんのオススメは、真冬に上ること…☆

 

真っ白な雪に包まれた、誰もいないその空間は…。

まるで、この世のものではないような…そんな感覚へと意識を誘ってくれるとか…。

 

 

 

 

「湿原から下りてくると、だんだんと下界に降りるような感覚になるの☆」…と、もう一人の友達、Kさんも☆

Kさんは、満月の日にお茶持参で上り…月見酒ならぬ、月見茶をするのが大好きなのだそう…。

 

 

 

二人のお話を聞きながら…なんとなく、観えてくる八島湿原の風景のビジョン…。

 

「その湿原…何か、護っている主のような存在を地底に感じる…。

 しかも、何だかイスラエルとエネルギーが繋がっているような、不思議な感覚…」

思わず、私の口をついて言葉が出ていました。

 

 

 

すると、Kさん…。

「実は、そうなの…この湿原、不思議でね…来る人を選んでいる気がするの…」と。

 

何でも…以前、一緒に行った友達が、謙虚な気持ちが足りなかったせいか、帰ってから怪我をしたり、浄化みたいな体験をしたらしいのです。

 

「“もう、二度と行かない”って言われて…とても、素敵な所なのに…私は、大好きなんだけどね…」

そう、話してくれました。

 

 

 

依然…湿原の存在とのコンタクトが始まってしまった私は…。

その巨大な目を持つ主へと、「いつか、湿原へ入ること許して下さいね」…と、想いを告げました。

 

湿原の主は…その大きな瞳で、一度、頷きを返してくれたようでした…。

 

 

 

冬の間は、雪も深まり…湿原までの路面も凍結するとのことで、通行止めになるのが常…。

5月の雪解けを待って、行くことが決まりました☆

 

 

 

そして、年が明け…。

今度は新年会(笑)☆

 

先月、2月の下旬に…メンバーと、また、集まることになり…。

 

そんな中…急に、Sくんが…「kaoriさん!! 八島湿原行きましょー!!」と、素敵なお誘い☆

 

どうやら、5月まで待てない!!…様子?

 

「もう、僕の中では、みんなで行っているビジョンなんです!!」

 

「え!?行ける!?」…と、驚きの声のKさん。

 

「行けるなら行っちゃいたい!!」…と、私…(笑)

 

「多分、大丈夫!! 行けるとことまで行っちゃいましょう!!」

 

真冬の八島湿原へ何度も上ったことのあるSくん☆

そんな、Sくんの感覚を信じて、急遽、八島湿原行きが決まったのでした☆

 

 

 

そこで、私からのお願いが、ひとつ…。

これは、もう、私の感覚(妄想?)でしかなかったのですが…。

 

「Sくん、八島湿原へ上るなら…まず、下にある八剱神社にお詣りをして…八剱神社の神様から神剣をお預かりしたいんだ…」

 

もちろん、目に見えない神剣です。

その、お預かりする神剣が、八島湿原の主への通行証のように感じたのです。

 

「それから、湿原の存在にご挨拶したいの」

 

…すると、Sくん…「いいですよ!! 行きましょう☆」…二つ返事でOKしてくれました☆

 

 

 

八剱神社

諏訪には、諏訪大社の他にも、霊験あらたかな神社がいくつか点在しています。

 

そのひとつが、八剱神社です。

 

諏訪湖の御神渡りの際…その凍結状態を判断し、御神事を行うのは、この八剱神社の宮司様☆

 

古い文献によると起源は…どうやら、京都のある親王が、まずは茅野へ…。

そして茅野から諏訪へと、その御神霊を鎮座させたところにあるとのこと。

 

私自身は…その京都の親王が誰だったのか?気になるところではありますが…。

 

その昔は、戦国時代の頃から、諏訪のお殿様によって、とてもとても大切に信仰されてきました神社です。

 

 

地理的にも…霧ヶ峰高原へと上る、その上り口にある八剱神社は…八島湿原の玄関口のようにも感じられました。

まるで、奥の院が八島湿原のような…。

 

 

こうして、明日は、八剱神社から八島湿原行きが決まった…その夜、もう夜中という刻の頃でした…。

いきなり、携帯が鳴りました。

 

 

着信を思わず見てみると…。

新年、迎えてから…何かとコンタクトを取っている、右京ちゃんからでした。

 

 

 

今、右京ちゃんは…東北にあります金華山を想い、ここ数年に渡り、ずっと御神事を続けています。

 

海を愛し、想って止まない神々の叫びは…依然、ずっと、右京ちゃんの胸を叩き続けています。

(右京ちゃんと金華山の神様のお話は、こちら…

 

 

 

…何かあった?

直感的に感じました。

 

つい、先日…彼女は、新月の日に合わせて、伊勢神宮へ詣でていたはず。

その帰り…仲間の一人が、ひとつしかない家の鍵を無くし…。

乗り込んだ新幹線の時刻が20:22…。

 

ひとつしかない鍵の意味は…。

そして、数霊…222とは…。

 

メールをやり取りした、その時は…そのメッセージの意味を読み説くことが出来ず…。

 

 

そんな中途半端な状態のままの、夜中、突然のTEL…。

思わず、出ると…。

 

「あ、kaoriさん?」

「どうしたの?」

「あのさ…八大龍王が怒ってんの…それで、夢の中で巨大ナマズが暴れて…」

(この夢の詳細は、ご本人のブログをご参照下さい。こちら…

 

 

 

「それは…ただ事ではないね…」

そこで、私…ピンと、あるビジョンが浮かんだのです。

 

それは…8体の龍(エネルギー体)と、8本の剣(エネルギー体)…。

イメージの中では、それぞれ8っつのエネルギーが一つになって、大きなウネリを形成していました。

 

そして、明日、急遽、行くことになった八剱神社のビジョン…。

 

 

 

実は…龍=剣なのです。

(剣=水とも…)

 

これは…一昨年、奈良にあります石上神宮へ参拝した際、御神職の方が教えて下さったことでした。

(石上神宮での出来事は、こちら…

 

石上神宮の御際神は…布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)。

それこそ、剣に宿る神霊であり。

 

石上神宮は…その神剣の御神氣を頂くため、歴代の天皇や戦国武将が古くより厚く信仰をしてきたのでした。

 

その剣のスペシャリストとも言える神社の、その御神職の方が…「剣=龍」なのだと、教えて下さったのでした。

 

 

 

 

「右京ちゃん…私、明日、八剱神社に行くよ…。八剱は、きっと、八大龍王のこと…だから、そこから八大龍王に呼びかけられるよ…」

 

かくして…右京ちゃんの想いを、八大龍王様へ届ける流れが始まったのでした。

(その時の、右京ちゃんの呼びかけのブログ…

 

 

 

 

次の日、早朝…Sくんと、Kさんに事情を話しまして…八剱神社へ参拝。

 

静かな境内に…右京ちゃんと、仲間の皆様の祈りのエネルギーが届いてきました。

そのエネルギーを背中から一心に浴びて…。

 

私は、ただただ、皆様の祈りの想いをお渡しする菅のようなもの…。

私を空っぽにして、ただただ、皆様の想いを八大龍王様へと繋ぎます…。

 

ふと…ハートチャクラの中に巨大な虹色の玉が生まれました。

皆様の想いだと、すぐに解ります。

 

そして…その虹色の玉の周りを、大きな龍神がグルグルと旋回するビジョンが見えました。

 

『最終の地は、八島湿原へ』

空間から、声が響きます。

この声…今、思うと、湿原の主の声だったのかもしれません。

 

この頂いている虹色の玉を…八島湿原にて解放する…。

 

深呼吸をして、祈りの手を解きました。

 

ビジョンの中には…虹色の大きな玉と…。

八振りの神剣が合わさって出来た、一振りの太い大きな神剣がひとつ…。

 

これを、持ちて…八島湿原へと向かいます。

 

つづく

 

 

 

~ひとりごと~

全く、別々の現実を生きていながら…。

 

何か、ひとつの意志に動かされているような…この流れのシンクロニシティは、一体、何なのでしょう…?

 

八島湿原を巡り…誰が、ひとり欠けても、この流れは来なかったと思います。

 

Sくんが、八島湿原を話をしてくれなければ…。

Kさんが、八島湿原の不思議さを教えてくれなければ…。

 

そして、そこへ、このタイミングで行こう!!と全員で思わなければ…。

 

私の現実は…右京ちゃんの現実と交錯することは無かったのです。

 

しかも…湿原行きの話は…去年の暮れに、ポコッと沸いた話であり。

 

右京ちゃんの夢は…今年の2月に入って見た夢…。

 

どうやら…時の流れは、過去も未来も関係なく…。

必要な時に、必要なだけ取り出されるかのように…この現実を動かしています…。

人気ブログランキングに参加しています☆

ポチッと押して下さいませ*^_^*
↓ ↓ ↓


この度も、お読み頂きまして、ありがとうございました☆

 

 

~全国セッションご案内~
2018.3
栃木セッション…
東京セッション…
郡山セッション…
仙台セッション…
 
2018.4
富山セッション…
東京セッション…4/15㈰~4/17㈫予定
名古屋セッション…
お問い合わせの方へ。
メールを頂きましてから、2.3日中の返信を心がけておりますが、あまりにも返信が無い場合は…お手数ですが、もう一度、お問い合わせメールの送信をお願い致します。
または、違うアドレスからの送信をお願い致します。

 

 

セッションプログラムの詳細&お問い合わせ先…

 

ご感想特集…

 

 

 

~kaori☆~
幼い頃より、見えない世界と繋がりコンタクトを体験。
スプーン曲げやダウジング、トランプをESPカード(超能力開発カード)代わりに遊ぶ。
 
10代の頃より、人々の心の声が聞こえ、人間不信に…。
また、未知なる存在とのコンタクトや、宇宙語の自動書記が始まる。
 
原因不明の心身の不調をもとに、ヒーリング能力が開花。
 
20代に入り、自身の手から出るパワーの源を知るため、レイキなどのヒーリング法を学び。
また、潜在意識の働き、心と体の繋がりや、自己治癒のシステムを、自身の身体を通して学ぶ。
 
瞑想をきっかけに、自身も含め…人々の前世や、運命の流れを観るようになり、そのカルマ、宇宙意識への理解とコンタクトが始まる。
 
2013年より、東北、関東、関西に渡り…全国への本格的な活動が始まり。
2015年には、アメリカNY、CTでのセッションを体験。
(今まで訪れた場所…宮城、秋田、福島、茨城、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川、富山、石川、山梨、長野、愛知、滋賀、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、香川、福岡、大分、沖縄)
 
今までセッションした人々の数は、お名前のみの方も含め、延べ、10,000名様以上。
 
30代の今、より「魂」と「宇宙」を意識した深い探求が始まり、それに呼応するかのように、愛ある非物質の存在たちとのコンタクトが始まる。
現在39歳。