m3.com という医師限定(とされている)サイトがあります。

 

そこの掲示板には興味のあるテーマが投稿されていることがあるので時々見ているのですが

少し前に

「美容整形のトラブルは自費でやるべきだ」

という趣旨の投稿がありました。

 

投稿した方は総合病院に勤務されているようで

「最初の手術をした美容外科医は高額な報酬を得て

 そのトラブルの後始末は健康保険でやって、勤務医が薄給なんておかしい」

ということみたい。

 

うーん。。。。。

 

実のところどうなんでしょう。

 

私が形成外科医として勤務していたころ、

美容整形後のトラブル事例の対応をしたことが複数回あります。

もちろん、保険診療で行いました。

 

その当時はそれが当たり前だと思っていたし、

仕事の内容がどうであってもお給料が変わらないのが勤務医だと思っていたので、

考えたことなかったなあ。

 

日本では混合診療が禁止されているので、

診療内容に自費(保険適応外)のものが含まれる場合には全体を自費として取り扱わないといけないので、、、、そうなると、美容のトラブルも自費でやるべきなの?

 

美容医療は不要不急で、本人の自己責任でやったんだから

トラブっても健康保険は使えませんよっていうのは ちょっと厳しすぎるよなあ。

 

原因が何であっても、実際に患者さんは苦しんでいて、

保険適応のある病名がつく状態であれば保険で治療していいと思うんですけど、、、。

 

 

その掲示板の書き込みをみると

 

「ゆるふわ女医ばかりの美容医療にはもっと厳しくするべきだ」とか

「楽して儲ける美容クリニックはけしからん。高額な治療費をとるなら最後まで自分たちで見るべき」

というような、

美容系の医師に苛立ちを感じている方の書き込みがたくさん。

 

その苛立ちが 「美容のトラブルなんぞみたくない」 という気持ちにつながるとしたら

それは患者さんに申し訳ないなあ。

 

毎日美容医療に携わっていて

保険より美容がラクだとは思わないけれど、

世間の人たちの評価は厳しいですね。。

 

うーん、このブログ、結論ないなあ。

 

まずは、当院で施術した患者様が、それが原因で保険診療のお世話になることがないよう

毎日気を引き締めてがんばろう!!