いよいよ千葉県にも緊急事態宣言が出ることになりました。

 

8月2日から8月31日まで。

 

緊急事態宣言中も、通常通り診療を続けますが、

ご自身やお子様の体調不良の際には無理をせず、日程の延期をご検討ください。

 

私自身、または同居家族が体調不良の際には

急遽休診とさせていただく可能性もございます。

予めご了承ください。

 

 

報道の数字を見ても、じりじりと身近に迫ってきているコロナウィルス。

 

近隣の保育園でも発生報告があったり、子供にも感染が広がっている様子ガーン

デルタ株おそるべし。

 

「水痘と同等の感染力」 というCDCの発表が正しいとすれば、かなりの猛威を振るいそうです。

 

これまでは

「そこらへんを触った手で食事をしない、目をこすらないなどの衛生的な行動を守ることは基本として、

 同居家族以外とマスクなしで近距離で会話したり、食事を共にしなければ感染しないんじゃない?」

と思っていましたが、

感染力の変化に伴って、より一層厳しい対応が必要になりそうですね。

 

重症化する割合など、ウィルスがどの程度悪さをするのかということが重要なので

「感染者数が多い」ということが、そのまま「ウィルスの脅威が大きい」ことを示すわけではありませんが、

感染者の数に比例して病院や保健所への負担は増加し、適切な対応を受けられない方の急変などのリスクは高まりますので、感染者の数を抑えることはとても大切です。

 

過剰に自粛する必要はありませんが、

不用意な行動は慎んで、なんとかこの事態を乗り越えましょう!