私は
「ベースからボリュームを作っていくことでたるみを解消する」
と言うポリシーを持っているため、
ヒアルロン酸をお勧めすることが多いです。

初めてヒアルロン酸に挑戦する方から
「いかにも入れてます!と言うパンパンの顔になる事はありませんか」
と質問されることがよくあります。

「芸能人の〇〇さんみたいになりたくない」
とか具体的な名前を出されることもあります。

そういう時によくお名前が出るのは
頬がふっくらとしていて
顎がシュッと細い顔立ちの方。

名前が出るような方は、
まぁなんというか、、いかにも入れてますって代表みたいな人なので、実際にたくさん入れてるよねって人がほとんどです。

一般的にヒアルロン酸を入れすぎている顔として表現されるのかこちら。


お顔の全体のバランスに対して頬が丸く出すぎていたり
顎が細すぎたりするとやはり違和感を感じるものですキョロキョロ

ただ、時々
もともと頬が大きくて顎が小さい方もいらっしゃいますので、
ネット記事で『芸能人の誰某はヒアルロン酸入れすぎ』と書かれていても違う人もいますよ。


ヒアルロン酸は
適切な位置に、適切な量を注入されていれば、
全体として違和感を生じる事は滅多にないものです。

ヒアルロン酸を数本注入しただけで
「いかにも入れてます」と言う顔にすることは
むしろ『できません』。

ヒアルロン酸入れすぎで有名な芸能人ほどにぶっくりとした顔になるためには、かなりのお金がかかるわけですねてへぺろ