昨夜、次男を迎えに行くために車に乗ろうとしたら、

お隣のマンションの敷地内に不審者を発見。

 

普通なら人が通らないところを 腰をかがめて歩く男性。

 

変だな、とは思いつつ、そこまでの危機感は持たず

車のカギを開けたら、開錠のピピっという音に反応して男性がこちらを振り返りました。

 

ばっちり目が合ってしまって、そのとたん、男性は建物の奥のほうに走って逃げていきました。

 

逃げたよ・・・明らかな不審者ガーン

こんなドラマか漫画みたいな 「ザ・不審者」 みたいな人いるんだ。

 

つばのある黒い帽子に黒いマスク。 銀ブチ?かな、眼鏡が光ってた。

そんなだったから、顔立ちは全く分からなかった。

背は170くらいか、もっと小さいか。

走り方は颯爽としていなかったし、雰囲気的には50代っぽかった。

いわゆる中肉中背というのか、太ってはいなかった。 

 

・・・・私、マスクもしてなかったし、しっかり顔みられちゃったけど、どうしよう。

‥‥ドラマだと殺されちゃう感じ?

・・・家も顔もばれて、車のナンバーもばれて、、どうしよう。

 

とりあえず、車に乗り込み、ふつうに車を出して、少し離れたところに停車して、

自宅で娘と二人で留守番をしていた長男に電話。

「不審者がいたから、施錠確認して、誰か来ても出ないで」

と頼んでから、次男を迎えに。

 

110番しようかな。

何か犯罪を見たわけでもないのに110番はダメかな。

どうしよう、と、悩んで、悩んで、、、

 

次男をお迎えしてから、最寄りの交番に行くことにしました。

 

意を決して尋ねたものの、交番には誰もいませんでしたえーん

 

交番のカウンターに連絡先の電話番号があったので、そこに電話して、

事情を説明すると

 

「すぐに警察官を向かわせるので、警官が現着するまで、家の周辺をぐるぐる車で走りながら待機してください。」

とのこと。

 

電話してから15分後。

警官が自宅前に到着したのを確認してから、やっと帰宅できました。

 

警察官に事情を説明したところ

「次に不審者を見かけたらすぐに通報してください!」

とのことでした。

 

110番してよかったんだ。

 

というか、110番したほうが良かったんだ。

 

確かに、結局私が警察に連絡したのは、不審者を見てから30分後。

 

その30分の間に、犯罪が起こる可能性もあるし、早く知らせた方がいいに決まっていますよね。

 

次からは、迷わず 110番 します!!