ヒアルロン酸注射はお顔の若返りには欠かせないアイテムの1つ。

でも、インターネットで悪口を言われる代表的な施術の1つでもありますえー

「芸能人の〇〇さんはヒアルロン酸の入れすぎで顔面崩壊」とか、ありがち。

確かに、入れすぎてしまうと変な顔になってしまいます。


何事もバランスが大切ニコニコ


歳をとると、顔は骨から痩せてきます。

それに伴って、
眼窩という、眼球が入っている骨の空間が広がってきます。

そうすると、だんだんと目が奥に引っ込んでくるんですよね。

有名な女優さんの若い頃と今現在の写真を見比べるとよくわかると思います。

ゴルゴラインや目の下のたるみを気にするあまり、ヒアルロン酸を入れすぎてしまうと、
目は落ち窪んでいるのに、ほっぺたふっくら。

笑うとそれがさらに強調されて、
「いかにも入れすぎです」
と言うパンパンの顔になってしまいますガーン

笑うと頬がふっくら膨らむのは、若い方も同じこと。




若いときのボリュームを超えて入れてしまうのは絶対にNGです!

でもね、わかります。

ヒアルロン酸をゴルゴラインに入れたらふわっと段差が消えて美しくなったと言う体験をしてしまうと、効果が薄れてきたと感じたときに、つまり、また段差が気になってきたときに、もう一度同じことをやってみたいと思ってしまう。

その時に、「ここばっかり入れちゃダメよ」とちゃんと医者側がストップをかけてあげられれば良いのですが、いろいろな事情でそうもいかないようですキョロキョロ

わたしは止めますけど、、、。

そして、時々
「なんでこちらが指定した通りの施術をしてくれないのだ!」と患者さんから怒られますけど、、

代案がうまく提示できていないという、私の不徳のいたすところだと思いますので、そこは反省して精進していかねばですね💪

とりあえず、
「あのクリニックに行ったら最後変な顔なった」
と思われると悲しいなぁなんて思ったりしてます。

やり過ぎよりも
やらなすぎる方が良い。

だから、売り上げは伸びない(笑)

プライベートでは
いろいろやり過ぎちゃうんですけどねてへぺろ