たるみの代名詞ともいえる「ほうれい線」

 

相変わらず、気にする方が多いですが、

 

2番目にご相談が多いのは「マリオネットライン」

 

マリオネットラインと戦う方法はたくさんあります。

 

ウルトラセルQ+を導入したことで、さらに選択肢が増えまして、

戦う手段が増えたこと自体は喜ばしいのですが、

そのぶん、なにから取り掛かるべきか、患者さんが悩むことも多いです。

 

嬉しい悲鳴? かな?

 

「最善の結果」だけを求めるのであれば、答えは絞られてくるのですが、

その前に立ちはだかる「予算」という壁がありますので、一筋縄ではいかないのですえーん

 

マリオネットラインについて書き始めると、数日に及ぶシリーズになってしまうので、

今日は簡潔にひとつ。

 

「頬骨の下がへこんでいて、かつ、マリオネットラインが気になるパターン」

に絞ります。

 

ヒアルロン酸の施術自体に抵抗がなければ、頬骨の下の凹みをヒアルロン酸で埋めることが

費用面でも、持続期間の面でも First Choice になることが多いです。

 

今日参考にお示しする症例は私の友人の写真で、最適、、、とは言えませんが

比較的わかりやすいと思います。

 

耳の前の、頬骨の下の凹み部分に、左右0.5ccずつ、ヒアルロン酸を注入しました。

(ロゴの入っているほう)がBefore 右がAfterです。

注入後のほうが、フェイスラインがしゅっと引き締まって見えています。

 

斜めから。(ロゴの入っているほう)がBefore 右がAfterです。

 

写真だと 「間違い探し?」

と言われてしまいそうですが、

ご本人を前にすると、よくわかりますおねがい

 

頬骨の下がへこんでいると、その下の部分が膨らんで見えるので、

凹みを埋めることで、下の部分が引き締まってみえるという錯覚効果と、

頬の筋肉が付着している頬骨部分に注入して筋肉を引き上げる実際の効果の

両方があるのではないかと、私は考えています。

 

残念ながら、この方法は 「頬骨の下がへこんでいる人」限定のアプローチです。

逆を言うと、  「私、頬骨の下へこんでるわ」 という方は、

その凹みを改善しながら、フェイスラインも引き上げちゃう 一石二鳥のチャンスですねウインク

 

☆ きらきらクリニックでは、ブログ等でお写真を使用させていただくことを前提としたモニターさんを随時募集しております。

  モニター希望の方は予約時にその旨をお書き添えください。

  必要条件など詳細をお知らせいたします。

  条件に合わない場合にはモニターをお断りする場合もございます。あらかじめご了承ください。

 

症例写真をご覧になる際の注意事項≫

お顔の状態によって当然結果は異なります。

ご自身が同じ施術を受けても同じ結果になるわけではありません。

保険適応外です。全額自己負担となります。

料金やリスクについては末尾に記載がありますので、最後までお読みください。

 

☆以下の注意事項をよくお読みください☆

 

201861日改正の医療広告ガイドラインに基づき記載内容が細かくなっておりますが、

ここに記載した内容は抜粋されたごく一部です。施術を受ける前には担当医師の説明を聞き、十分にご理解いただいた上で施術を受けるかどうかを選択してください。

 

≪施術料金≫

ヒアルロン酸 1本 64,800

ボリューマXC 1本 75,600

同日の2本目は10,000円割引、3本目は20,000円割引です。

※麻酔代、特殊針代を含む

※料金は予告なく変更になることがあります。上記は20187月時点。

 

≪ヒアルロン酸の注意事項≫

・ヒアルロン酸の注入には内出血・発赤・腫脹・凹凸・チンダル現象(青く透けて見えること)・アレルギー・血流障害による失明や皮膚障害のリスクがあります。

・どんなに注意を払って施術を行っても内出血がでてしまうことがあります。内出血がでた場合、完全に色が消失するまでに約2週間かかります。

・最も重篤な合併症は血流障害による失明や皮膚障害です。解剖学を熟知し、注意深く施術を行うことによって、その発生率を下げることはできます。しかし、医療に絶対はありませんので、万が一に備えてヒアルロニダーゼ等の緊急対応薬剤を常備しております。