ヒアルロン酸はヒアルロニダーゼで溶かせます。

とはいっても、
「溶かして欲しい」と言われることは稀です。

先日いらした患者さま。

別件でいらしたのですが、
数ヶ月前に他院でいれたという
くぼみ目のヒアルロン酸があまりにも変でショボーン
ヒアルロン酸溶解を提案いたしました。

モニターさんではないので、写真は出せませんが、目を開けた状態でも、ボコっと、しこりのように膨らんでいました。

ご本人も
「早くなくなってほしいと願っています」
とのことでしたので、
くぼみ目のヒアルロン酸は長く残る可能性もあるし、溶かした方が良いよ、とご説明し、溶かすことに。

かなり多く入っている様子でしたので、
1箇所から各層にアプローチできるように
カニューレをセレクト。

カニューレでヒアルロニダーゼを注入した時点でかなりスッキリはしましたが、
浅いところに入っている丸い塊が溶けないガーン

仕方ないので、その部分だけ、細い鋭針で
塊の真ん中を狙って注入したら、溶けましたニコニコ

この時点で、
オチのない話だなあと思われるかもしれないのですが、
これ、わたしにとっては感慨深い体験でした。

まあ、当たり前といえば当たり前なんだけども。


くぼみ目の狭いエリアでしたし、
層ごとにカニューレで注入したら溶かせるかなと思っていたのですが、浅い塊だけ残った。

まぶたの皮膚は薄いし、透けていなかったから、皮内に入っていることはないと思っていたけど、皮内だったのかな。

とか。

皮下だったけど、周りにカプセルみたいなのができていたのかな。

とか。

いろいろと考えさせられました。

他院の修正は、医療的なことだけではない、
様々な背景があるので、苦手なのですが、
修正から学ぶこともあるなあと。

良い意味でも、悪い意味でも、
自分だったら入れないような方法で注入されていたりして、勉強になります。

そもそも、医療は
「unfavorable  result」
から学ぶことが多いです。

自分で「unfavorable  result」を出すと、解決できるまで胃が痛くなりますが、他院の修正ならば、胃を痛めずに勉強できる!!

苦手意識をもたずに
何にでも取り組むと良いことがありますね爆笑