バレるかバレないか

テーマ:
「きれいになりたいけどバレたくない」

女心は複雑です。

「◯◯をしたら、周りの人にバレますか?」
と、しょっちゅう聞かれるのですが、
私は毎回こう答えています。

「周りの人次第です」

・・・。
なんて突き放した答えなんだ!
と思われるかもしれませんが、これは真実です。

ほんの小さな変化にも気づく人もいれば、
全く気づかない人もいます。


インターネットを見ると
「芸能人の〇〇が整形している」
といった記事が山盛り出てきます。

芸能人の方は、簡単にビフォアアフターの写真が検索できてしまうので、バレやすいですよね。

しかし、一般の方々はネットで検索することができません。

お友達の中の
または家族の中の
あなたの顔の記憶は非常に曖昧なものです。

いまどきは「特殊メイクか!」
とツッコミたくなるようなお化粧も一般的に行われておりますので、
よほど顔貌が変わっていなければ
「今日はメイクが違うのかしら」
程度にしか思われないと思います。

我々、美容を生業としている人は
「ボトックスをしたらこうなる」
「ヒアルロン酸をしたらこうなる」
ということや
顔の解剖学がわかっておりますので、
お顔にどのような施術を施しているかを見破ることができてしまいますが、
一般の方はあまりよくわからないのではないかと思います。

「バレないか不安です」
という方には

「よほどおかしくなければ普通の人は気が付きません。もし、自然に仕上がっていても、ぴったりとあなたのやった施術を言い当てる人がいたとしたら、同じ美容施術を受けている人ですから、そのことを非難してこないと思いますよ。」
とおはなししています。

「バレたくない」という思いの裏側には
「何もしてなくても綺麗だと思われたい」とか
「整形していると言われるのは嫌だ」とかいう
「整形=悪いこと」
のようなイメージがあるのだと思います。

まあ、でも、
「何もしてなくてきれい」と思われたい気持ちはよくわかります。

私ですら、
「色々やってるから若く見えるのよね」
と言われると軽くカチンとくるので(笑)


人間、歳をとればいろいろなところが劣化してくるものです。
どんなに自然に仕上がっていても、
年齢を経ても美しければ、
「何かやっているに違いない」
と思われるのが当然です。

バレようが、なんだろうが、キレイになりたい!
くらいの気持ちでいるとラクだと思います爆笑

最後に、らこすけの名言を。