先日、お問い合わせのお電話をいただきました。

 

「Gコグを検討しているのですが、どれくらいの予算が必要でしょうか?

 インターネットで調べたら、10本以上必要みたいですが、、、。」

 

いやいや、当院で一度に10本以上入れた人はいません。

 

たいていは、左右合計して、2~6本です。

 

特に、頬から頭に向かってスレッドを挿入するようになってから

必要本数が減りましたドキドキ

 

必要本数が減る=売上減少 

なので一般的にはドキドキをつけている場合ではないのですが、

当院は「ほぼ私の趣味」で経営されておりますし、

患者様の負担や安全面を考えると、本数が少なくて結果がだせるほうが

すばらしいことだと思うので、やっぱりドキドキマークが適切ですウインク

 

今日は、Gコグ2本を使用した症例をご紹介します。

頬から頭にむかって、左右1本ずつ、挿入しました。

ほうれいせん、マリオネットライン 両方に改善効果が出るのがポイントです。

 

写真を供覧します。

上が術前、下が直後です。

 

 

1本でもキュキュッと上がっています。

肌色のテープの部分が刺入口です。

下に向かって挿入すると、お口の動きなどで糸が移動することがあるのですが、

上に向かって挿入すると、その心配がなく、後戻りが起こりにくいです。

 

入れている方向はこっち。

 

約1か月後の経過観察にいらしていただいた時の写真がこちら

 

ほとんど施術直後と同じです音譜

 

こんなにスッキリと美しくなられましたが、

どんどん欲が出るもので、、、

あと2本追加したい!というご要望をいただき、この写真撮影ののちに追加しましたので、

それについてはまた後日ご報告いたしますウインク

 

症例写真をご覧になる際の注意事項≫

お顔の状態によって当然結果は異なります。

ご自身が同じ施術を受けても同じ結果になるわけではありません。

保険適応外です。全額自己負担となります。

料金やリスクについては末尾に記載がありますので、最後までお読みください。

 

Gコグの料金≫

2本 64800

以降 2本毎に 54000円追加

 

Gコグの注意事項≫

PCL製です。体内で約2436か月かけて吸収されます。

・施術後1~2週間は表情時に引き連れ感や痛みがあります。

・内出血、凹凸、毛嚢炎、糸の露出の可能性があります。

・唾液腺を損傷すると数日間強い腫れがでることがあります。

・細菌感染を起こす可能性があります。抗生物質の内服で改善が見込めない場合には、皮フを切開して挿入した糸を摘出する必要があります。

・鏡の前で皮フを指で引き上げたときのような効果を出すことはできません。