医師の残業2000時間

テーマ:
厚生労働省が
「医師の残業は年1900時間から2000時間を上限」と出したらしい。

2000÷12≒167

1か月に167時間。
だいたい1週間に  39時間くらいか。

外科系の勤務だと、
だいたい平日は7:30〜23:00
で働いたとして、1日7.5時間の残業。
7.5×5=37.5
平日の残業だけでギリギリ。
土日も働くと、余裕でオーバーしますね💧

まあ、上限を国が決めたところで、
残業時間自体が正確に評価されないという
根本的な問題があるので、
現場は改善されないように思います。

医師は看護師と違って、タイムカードもないところが多いし、
仕事しながら(時間毎に患者さんの様子みたりしながら)学会の準備もするし(⇦勤務時間とはみなされない)、勤務の内容が把握しづらいので、、とか言われているようですが、
昼休みも時間外も関係なくいつでも電話で呼ばれる時点で残業とみなしてほしいくらいですショボーン

残業時間の長さよりも問題なのは
「それに見合う残業代が支払われないこと」
だと思います。

わたしが若い頃は
「あの病院は月100時間まで残業代がつくらしいよ!すごいよね!」
と、話題になったくらいで、
残業した分だけ支払われないのが普通です。


私大の入試不正だとか何とか言われているけれど、「長く働く人材を育てたい」という思いがこもった得点操作に関しては、これまで黙認されてきましたし、医師の勤務状況が改善されないかぎり、根強く残ると思います。

得点操作をした大学を責める気にはなれません。

あ、裏金で得点買うのは❌ですよ。