セミナーからの公文

テーマ:
水曜日はセミナーに参加してきました。

海外から著名なドクターをお呼びしての講演。

解剖学から実際の注入手技まで、濃厚な2時間で、あっという間でした爆笑

セミナーで扱う製剤はこの2つ。

明日から使えそうなポイントもあり、
参加した医師同士で情報交換もできて、有意義な時間でした。

ただ、このセミナーの残念ポイントは
「日本で承認されている内容に限定」
されていることです。

たとえば、当院でヒアルロン酸を注入する際には
カニューレを使うことが多いのですが、
それは承認されたやり方ではありません。

「承認されていない」というのは
「推奨できない」という意味ではありません。

安全性を考えるとカニューレのほうが優れている面が多いです。(あえて、鋭針を選ぶときもあります)

でも、セミナーの中ではカニューレを選ぶことはできません。

そういう制限とかナシで、今回の先生方の講義を受けてみたいなあ〜と、毎回思います。

個人的に仲良くなってFBとかでやりとりすれば良いのかもしれませんが、そこには英語力という分厚い壁がありますガーン

海外の先生とお会いするたびに、英語の大切さを感じます。

ではいざ、勉強するのか、といわれると
結局、めんどくさくて踏み出せずあせる

とりあえず、我が子の
公文英語体験学習を予約してみました(笑)