201861日改正の医療広告ガイドラインに従って修正を行いました。

 

症例写真をご覧になる際の注意事項≫

お顔の状態によって当然結果は異なります。

ご自身が同じ施術を受けても同じ結果になるわけではありません。

保険適応外です。全額自己負担となります。

料金やリスクについては末尾に記載がありますので、最後までお読みください。

 

 

 

 

顔を小さくしたいと思う方は多いはず。

 

顔面骨を小さくする手術はそうそう簡単にはできませんから、

注射でなんとかしたいと思って検索するとたどり着くのが

「小顔ボトックス」

 

注射だけで顔が小さくなるなんて、素敵ラブ

と思うのですが、

この施術は万人に適しているわけではありません。

 

適応があるのは、

エラの部分の筋肉(咬筋)が発達している人。

とくに、歯ぎしりなど、健康面への影響が出ている方にはお勧めです。

 

適していないのは、下顎の小さい人。

マリオネットラインや口元のたるみが気になっている人。

あとは、咬筋は小さいのにエラの部分の骨(下顎角)が張っている方にはあまり意味がない施術かもしれません。

 

インターネットを検索すると

「小顔ボトックスで失敗されて顔がたるんだ!」というような書込があります。

 

これは失敗ではなく、 当然、予測できる範囲の結果です。

 

咬筋はこの大きな筋肉

 

これをボリュームダウンすることで、お顔を小さくしようとするのが小顔ボトックスです。

 

咬筋が大きいと、ミッキーマウスのように頬の横がぷっくりしてお顔が大きく見えますが、

そのボリュームで口元のたるみを耳の方向に引っ張ってくれてもいます。

 

こがボリュームダウンすると、横にリフトアップする支えが減ることになりますので、

口元にたるみが出やすくなります。

 

このように考えると

「エラを小さくしたら、口元がたるんだ」というのは当然の結果とご理解いただけると思います。

 

じゃあ、

顔が大きいまま我慢するか、口元のたるみを我慢するかの二者択一なのか!?

 

・・・そんなことはありませんので、ご安心ください。

 

なにごとも、適応を見極めて、ほどほどにやることが大切です。

 

筋肉のボリュームは左右でも違いますので

画一的に誰にでも同じ分量の注射をするのではなく、その方に応じてカスタマイズしていくことで

理想の仕上がりを追及していけばよいのだと思います。

 

お若くて、たるみがなくて、咬筋が張っている方にはおすすめです。

例えばこんな場合。

上がBefore 下がAfterです。

 

スッキリきれいになっておりますラブ

 

小顔ボトックスは

INNOTOX  30,000円

ボトックスビスタ 40,000円

です。(税別)

 

≪ボツリヌストキシン治療の注意事項≫

・内出血、疼痛、発赤、アレルギーのリスクがあります。

・眉間の表情ジワの治療による副作用:頭痛、眼瞼下垂

・目じりの表情ジワの治療による副作用:眼瞼下垂

・その他、投与部位によって過剰な筋弛緩作用による副作用の報告があります。

過剰に効きすぎたものを戻す薬はありませんので、初回は少量を投与し、約2週間後の再来時に必要に応じて追加施術を行うことを推奨しています。

・小顔ボトックスの追加注入は単位数に応じて追加料金が発生します。(10,000円~20,000円)