キャバ嬢に本気で恋をしてしまったが怖くて一歩踏み出せない…この無限ループから抜け出し、たった90日間でお客さんから彼氏になる方法
Amebaでブログを始めよう!


前回は

キャバクラと他の店とのちがいについて
お話しました。



今回は「キャバクラ」に
クローズアップして
楽しみ方を紹介したいと思います。


<キャバクラシステムの概要>

まずはおおよその
キャバクラシステムについて
ご紹介しますね。


1セット料金
(1セット…30分から50分程度のキャバクラ時間単位)

8:00~9:00の来店  4,000円
9:00~10:00の来店  5,000円
10:00以降 の来店     6,000円
    
指名料          2,000円
場内指名料      2,000円
サービス料        20%
女の子のドリンク代    1,500~2,000円




こんな感じです。








なるべく安くしたい場合は
客引きにつかまること
オススメします。




キャバクラ街では外に黒いスーツで
インカムをつけたいかにも
「水商売」

って男性スタッフが立ってます。




それが客引きです。






あなたも
「キャバクラどうですか?」

って声掛けられた経験
ありませんか?






せっかくお金を払うんですから
客引きを利用して
自分の要望をなるべく
通すようにしてください。




今日は、そのテクニックを紹介します。





「キャバクラどうですか?」って
声をかけられたら



まず
お店がどのくらい混んでいるかを
確認してください。




「ガラ空きで困ってます」
という返事が来たら
チャンスです。





あなたの要望が通りやすくなります。






「自分のタイプの子をつけてほしい」
と言ってください。


指名料なしでなるべく
自分のタイプに近い
キャバ嬢をつけてくれるので




はずれの可能性が低くなります。






料金の交渉もしてみましょう。


「安くして!」


と言って駄目でも
引きさがらないで下さい。






お店からすると
料金を下げることは
できるだけしたくないのです。






料金を下げない代わりに
オプション交渉は簡単です。


よくあるのが

・ビール1杯サービス
・乾き物サービス
・女の子にドリンク1杯サービス



などですが

わたしがオススメなのは
セット時間の延長交渉
です。




たとえば
1セット50分のところを
60分にしてもらうということ

です。




ビールや乾き物は自己中っぽいし
女の子に1杯サービスは

お客さんが思っているより
女の子は喜びません。




むしろ
「ドリンク代ケチって女の子に
喜んでもらおうとしてるのかな。」

って思っちゃいます。





なので、セット時間の延長交渉が
一番オススメです。




気に入った女の子がいたときに
なるべく話す時間が長いほうが
有利ですしね。












なので、キャバクラに行く時には
客引きをうまく使って
自分の好きなタイプの子を
つけてもらうようにし




同じ料金でも

自分が楽しめるように
オプション交渉を
怠らないようにしてください。





桐島アリスの無料レポート「キャバ嬢 完全攻略」を読んでタイプ別のキャバ嬢を落とす方法を知る>>>



ご協力お願いします!

恋愛・結婚(片思い) ブログランキングへ
最後まで読んで頂いてありがとうございます。

桐島アリス