子どもが生まれた時の写真を残すのは何でか? | 起業女性支援のための事務請負

起業女性支援のための事務請負

事務でサポートしたい!事務でサポートして欲しい!貴女を応援します!


テーマ:

こんにちは

吉楽啓子です。

 

突然ですが、ニューボーンフォトってご存知ですか?

 

知らない人もまだまだ多いので今日は皆さんにお伝えしますね!

 

ニューボーンフォトとはこんな写真です。

 

 

生まれてから14日間に撮る

神秘の写真と言われている写真です。

 

写真を見ていろいろ書こうかと思ったのですが、

素敵な写真ほど何も言わない方が良いような気がしました(笑)

 

 

実はこれ我が子のニューボーンフォトなんです。

 

私は5回目の出産しましたが、

末っ子の時、初めて撮ってもらいました。

 

既にこの写真の子は1才を迎えましたが、

写真を見返してみて、

新生児の頃を思い出し、

心がほんわかしています。

 

 

 

 

まだお腹にいるかのように丸まって

小さくなっている姿も可愛い!

 

 

 

 

 

起きているのか寝ているのか?

そんな姿も癒されますよね~

 

 

毎日毎日可愛いと思って子育てをしていましたが、

気付けばあっという間に大きくなり、

こんなに小さかった時のことを少し忘れていました。

 

子どもが生まれると

夜も授乳で寝れなかったり、

毎日抱っこで重かったり、

ママの身体は大変だったりしますが、

 

そんな時に、

生まれてきてくれた時のことを思い出すツールとして、

このニューボーンフォトってありがたいと私は思いました。

 

 

元気で生まれてきてくれてありがとう

少しでも笑ってくれると嬉しい

 

そんな気持ちを思い出すことで

子育てって楽しい!

子どもって可愛い!

そう思うような気がします。

 

ニューボーンフォトは妊娠中に予約をしておくことが必要なんです。

予定日をカメラマンさんに教えておいて、

生まれた時から2週間以内に予定を組んで撮影となります。

 

生んで1週間ぐらいは病院と考えると、

実際に撮れるのは一週間ぐらい。

 

私は自宅に来て頂き撮影してもらいました。

 

私の場合は知り合いのカメラマンの鶴岡さんが

ニューボーンフォトを始めると聞いて、お願いをしました。

 

既に何人も子どもを生み、新生児と接していた私でしたが、

鶴岡さんの新生児と接する様子はすごく安心して見ていられました。

 

子どもを包む時などの扱い方がとっても上手!

子どもの動きを上手にサポートしながら、

安全を考えながら、写真を撮っていくんです。

 

 

我が子なんて楽しかったのかこんな表情までしていました(笑)

生後2週間でこの笑顔写真は奇跡の一枚かも知れませんね。

 

 

子どもを育てていて問題なのは、

目の前の子どもの様子だけで頭がいっぱいになってしまうことです。

 

寝ない

泣きやまない

反抗的な態度をする

 

そんな時に、生まれてきたことを思い出す。

やっぱりそれが大事だと私は思っています。

 

鶴岡さんのニューボーンフォトをおすすめしますので、

ご希望の方はぜひ鶴岡さんにご連絡してみて下さい!!

 

カメラマン鶴岡江里子さん

 

鶴岡さんは女の子2人を育ててながら、

カメラマンとして活動しています。

 

鶴岡さんの写真はどれも子ども達が笑顔!

そして、ママ達も笑顔。

素敵な親子写真をたくさん撮っている方です。

 

子育てで悩んできた経験があるからこそ、

ママ達の力になりたい!

 

そんな風に言っている鶴岡さんです。

 

子育て中のママの味方になってくれる

とっても心強い方です♪

 

鶴岡江里子さんホームページはこちら

https://oshashinkai.net/

 

セミナー事務請負人 吉楽啓子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ