TO MY FATHER | 「ビンテージ家具ショップKio」女性店長のDiary
2009-05-21 20:57:42

TO MY FATHER

テーマ:ブログ
以前に古いトランクを買われたお客さまのところに別のお届けものでお邪魔したとき、
デスクのうえにアンティークの額が立ててありました。

それは、きれいな書体で手書きされた手紙を額装したものでした。

「これ、あのトランクに入ってたんですよ」
私が額に魅入っていると、その方がちょっとにんまりとして言いました。

ロックがされたまま鍵がなくなってしまったトランクを、
お客さまが自力でこじ開けたとき、中から出てきたのだそうです。

手紙には、長年の友情に感謝します・・という文面が綴られていました。
それを貰ったトランクの持ち主が、大切に保管していたのですね。

この話を別のお客さまにすると
「素敵!すごくいい方が持っていたってことの証しでもありますよね」

たしかに!

アンティークやビンテージを買い付けるとき、
「(モノたちが)幸せだったかどうか」を見ます。
もちろん直感でしかありません。

でもこうやって中からその証しが出てくると、とても嬉しいものです。


さて、3月の買い付けではこんなアンティークのトランクに出会いました。
1800年代のたいへん古いものです。


「ビンテージ家具ショップKio」女性店長のDiary



中は1933年の新聞が貼ってあります。
途中で内装?されたのでしょう。

そのすっかり色褪せてしまった新聞の上に、無造作とも言えるかんじで、
ある「詩」が貼ってあったのです。

厳かなかんじの詩でしたが、
これをトランクの中に貼った持ち主の感性がとても素敵だと思い、
ご紹介です。



「ビンテージ家具ショップKio」女性店長のDiary
TO MY FATHER

When God made the earth in the years that are gone,
And filled it with beautiful things,
With oceans and mountains and flowers that bloom
And birds on their dalicate wings;

He remembered that earth needed somthing besides;
That the heart would want something much rather;
So He summed up protection and honer and love,
And gave us a dear earthly father.

 “父”へ 
過ぎ去りし年月に、海と山、咲き誇る花、繊細な翼ではばたく鳥たち・・・
美しいものたちに満たされた世界を神がお創りになったとき、神は心が強く求めるであろう何かを、この世界がそのかたわらに必要としていることを知っておいでだった。
神は保護と尊敬そして愛をもって私たちに創造の父を与えてくださった。
 





ほとんど直訳の変な詩でごめんなさい・・・・!

もっとこうしたほうがいいよ・・とかありましたら、ぜひお寄せくださいませ!






kio-decoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス